HOME > 研究科について > 歴史・沿革

歴史・沿革

年表

1876(明治9) 札幌農学校開学。
1918(大正7) 北海道帝国大学が設置。
1924(大正13) 北海道帝国大学に工学部が設置。
1925(大正14) 工学部規定を制定。電気工学科が設置。
1947(昭和22) 北海道帝国大学は北海道大学と改称。
1949(昭和24) 国立学校設置法が公布され,新制の北海道大学が設置。
1953(昭和28) 新制の北海道大学大学院が設置され,工学研究科が設置。工学研究科に電気工学専攻が設置。
1958(昭和33) 精密工学科が設置。
1960(昭和35) 電子工学科が設置。
1962(昭和37) 精密工学専攻が設置。
1964(昭和39) 電子工学専攻が設置。
1973(昭和48) 情報工学専攻が設置。
1979(昭和54) 生体工学専攻が設置。
1987(昭和62) 情報工学科が設置。
1992(平成4) 応用電気研究所が改組され,電子科学研究所が設置。
1995(平成7) 大学重点化により電気・電子・情報系大学院の5専攻等が,システム情報工学専攻及び電子情報工学専攻の2専攻に再編。また電気・電子・情報系学部の4学科が,情報工学科,電子工学科及びシステム工学科の3学科に再編。
2001(平成13) 量子集積エレクトロニクス研究センターが学内共同教育研究施設として設置。
2003(平成15) 大型計算センターと情報メディア教育研究総合センターが統合して,情報基盤センターが設置。
2004(平成16) 工学研究科のシステム情報工学専攻及び電子情報工学専攻が廃止され,情報科学研究科が設立。

ページの先頭へ