北海道大学大学院 情報科学研究科 生命人間情報科学専攻|北海道大学工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース

研究室の紹介

神経制御工学研究室

研究室の概要

舘野・西川グループ

 生体における情報処理の司令塔である脳の働きは現在でも多くが未解明です。本研究室では,脳の働きを理解すると共に,失われた脳の情報を電子機械から伝送することで,脳本来の情報を補償する技術の開発を行っています。そこで,第一に,脳の構造と機能の理解を目的として,脳の活動計測を個体の様々な階層性レベル(単一細胞,細胞組織,全体脳)で行っています。また,第二に,微細加工技術を利用して,脳計測に応用する高性能なマイクロデバイスを開発しています。特に,開発した技術を用いて,聴覚補償用デバイスを製作し,音情報処理における電子機械による神経機能拡張を探っています。そして,将来的に医療や福祉に役立つ音情報処理分野での革新技術開発を目指しています。

高橋グループ

 高齢者福祉工学の立場から,高齢社会で大きな問題である褥瘡(床ずれ)に関する研究を行っています。その発症機序を計算機シミュレーションのひとつである有限要素法で解析し,力が生体組織に及ぼす生理的影響をレーザードップラー法および超音波ドップラー法で計測しています。また,皮膚表面に加わる力(圧,ずれ力,ねじれ)を計測するセンサの開発を行っています。また,人工現実感技術を利用して時空間にひずみを生じた場合のヒトの時空間知覚形成過程の解明,および最新の脳磁計測(MEG)技術による運動感覚系の計測と脳機能の新たな知見を目指した研究を行っています。

より詳しい内容はこちら

研究のキーワード

 微細加工技術を用いた聴覚補償技術開発 / 機械による聴覚中枢系機能拡張
 音声時系列学習の神経機構の理解 / 学習時の行動変化に伴う脳活動計測

 医療福祉工学 / 褥瘡発症機序の解明 / 皮膚表面力センサの開発
 空間知覚と脳機能の計測 / 脳磁気計測

メンバー

 教授: 舘野 高 / 准教授: 西川 淳 / 特任准教授: 髙橋 誠
 技術補佐員: 1名 / 事務補助員:2名 / 博士:2名 / 修士:6名 / 学部:5名

お問い合わせ

 住所: 〒060-0814 札幌市北区北14条西9丁目 北海道大学大学院情報科学研究科M棟 301号室
 電話: 011-706-6763 (舘野教授), E-mail: tateno@ist.hokudai.ac.jp(舘野教授)

ページトップへ