HOME > 入試情報

入試情報

平成29年度北海道大学大学院情報科学研究科
修士課程第2次学生募集要項

以下の募集要項は原本を基に作成されていますが,正式なものではありません。出願希望者は必ず募集要項を取り寄せてください。

1.募集人員
専攻 募集人員
生命人間情報科学 若干名
2.出願資格

(1) 大学を卒業した者及び平成29年3月31日までに卒業見込みの者

(2) 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者又は平成29年3月31日までに授与される見込みの者(以下「学位授与機構による学士」という。)

(3) 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)

(4) 大学に3年以上在学し,又は外国において学校教育における15年の課程,外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程若しくは我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し,本学の大学院において,本学における所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者(以下「在学期間短縮による志願者」という。)

(5) 外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月31日までに修了見込みの者(以下「外国の学校教育課程出身者」という。)

(6) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月31日までに修了見込みの者(以下「通信教育による外国の学校教育課程出身者」という。)

(7) 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成29年3月31日までに修了見込みの者(以下「外国の大学相当として指定した外国の学校の課程出身者」という。)

(8) 外国の大学その他の外国の学校(注1)において,修業年限が3年以上である課程を修了すること(注2)により,学士の学位に相当する学位を授与された者又は平成29年3月31 日までに授与される見込みの者(以下「外国の学士相当の学位による志願者」という。)

(注1)その教育研究活動等の総合的な状況について,当該外国の政府若しくは関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。

(注2)当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。

(9) 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たす  ものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成29年3月31日までに修了見込みの者(以下「専修学校の専門課程出身者」という。)

(10)本研究科において,個別の出願資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,平成29年3月31日までに22歳に達する者(以下「個別の資格審査による志願者」という。)

3.出願資格予備審査申請期間等

平成28年12月7日(水)から12月13日(火)まで

  上記2.出願資格(4)在学期間短縮による志願者,(5)外国の学校教育課程出身者,(6)通信教育に  よる外国の学校教育課程出身者,(7)外国の大学相当として指定した外国の学校の課程出身者,(8)外国の学士相当の学位による志願者,(9)専修学校の専門課程出身者及び(10)個別の資格審査による志願者は,願書を受理する前に出願資格に関する予備審査を行いますので,この期間内に下記の5.出願書類等(検定料,TOEICまたはTOEFLのスコアは除く。)及び,6.出願資格予備審査申請者提出書類を提出してください。
  (願書受付は午前9時から正午,午後1時から午後5時までとし,土曜日及び日曜日は除く。)

(注)出願資格予備審査の結果については,平成29年1月13日(金)に通知書を発送しますので,出願資格を認められた者は,下記の4.願書受理期間等の期間内に検定料を納入し,「日附印」を押印した検定料受付証明書を提出してください。所定の期間内に検定料を納入しない場合は,願書を受理しません。

4.願書受理期間等

平成29年1月13日(金)から1月20日(金)まで

上記2.出願資格の(1)大学を卒業した者及び平成29年3月31日までに卒業見込みの者,(2)学位授与機構による学士及び(3)文部科学大臣の指定した者は,この期間内に下記の5.出願書類等に「日附印」を押印した検定料受付証明書を貼付して出願してください。郵送の場合も期間内に必着としてください。
(願書受付は午前9時から正午,午後1時から午後5時までとし,土曜日及び日曜日は除く。)

5.出願書類等

  募集要項を取り寄せ参照してください。

  検定料 30,000円

・ 募集要項とじ込みの「検定料の払込みについて」に従って払込み,所定の用紙に検定料受付証明書を貼付して提出してください。

・ 国費外国人留学生及び中国政府国家公派研究生項目派遣学生は不要です。

6.出願資格予備審査申請者提出書類

  募集要項を取り寄せ参照してください。

7.選考方法

  学科試験(筆答・口頭)及び出願書類等の審査結果を総合して合否を決定します。

8.学科試験の期日,時間及び試験場
試験期日 試験科目 時間 試験場 備考
平成29年
2月16日(木)
専門科目1 10:00~12:00 北海道大学大学院情報科学研究科
(試験室の詳細は当日掲示します。)
外国語筆答試験は,願書の「受験外国語」欄の日本語に✓印を付された方のみ実施します。
専門科目2 13:00~15:00
外国語(日本語) 15:30~17:30
2月17日(金) 口頭試問 9:00~12:00

注:筆答試験免除について

① 「成績証明書」の内容によって筆答試験を免除することがあります。

② 免除される者に対しては,2月上旬までに通知します。

③ 筆答試験を免除された者も,TOEIC又はTOEFLの成績証明書(スコアシート)の提出は必要になりますので,忘れずに提出してください。

9.専門試験科目
専攻 専門科目1 専門科目2 備考
生命人間情報科学

以下から出題される5問のうち2問を選択すること。

代数・幾何学,解析学,情報理論,基礎化学,生化学

以下から出題される5問のうち2問を選択すること。

力学,電磁気学,電気・電子回路,生物科学,生物物理学

本専攻に関する専門試験の詳細情報
10.合格発表

合格者の受験番号は平成29年3月1日(水)午後5時に情報科学研究科正面玄関ホールにおいて掲示にて発表します。また,受験者全員に対し合否を通知します。
なお,合格者には,入学手続きに関する書類を同封します。

11.入学料及び授業料
  • (1) 入学料 282,000円
  • (2) 平成28年度前期分授業料 267,900円(年額535,800円)
 (注)

① 入学時及び在学中に学生納付金の改定が行われた場合には,改定時から新たな納付金が適用されます。

② 入学手続期間内に入学料を納めなければ,入学の意志がないものとして取り扱います。

③ 授業料を2期未納すると除籍になります。経済的理由により納付が困難な場合は,免除(猶予)申請の制度もあります。

12.長期履修学生制度について

  長期履修学生制度は,職業等を有している等の事情で,通常の学生よりも単位取得のための学習時間や研究指導を受ける時間が制限されるため,標準修業年限(修士課程2年)を超えて在学しなければ課程を修了できないと考える者に,申請に基づき,研究科が審査し,許可した上で在学し,一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修して修了する制度です。
  申請資格,申請手続き等は情報科学研究科事務課教務担当へお問い合わせください。
  なお,長期履修学生の申請に当たっては,事前に,指導予定教員とよく相談をしてください。

13.注意事項

(1) 入学試験当日は,受験票を必ず持参して机上に置いてください。

(2) 出願後はいかなる事情があっても志望の変更を認めません。

(3) 学生募集要項の郵送を希望する場合は,以下の2つの方法から1つを選択して請求してください。

オンラインによる方法

② あて先を明記し,通常郵便料金250円(速達を希望する場合は速達料280円を加算)の切手を貼付した返信用封筒(A4判の冊子が入る大きさのもの)を以下の住所に郵送する方法。

14.個人情報の取扱いについて

(1) 本学が保有する個人情報は,「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」等の法令を遵守するとともに,「国立大学法人北海道大学個人情報管理規程」に基づき,保護に万全を期しています。

(2) 出願に当たってお知らせいただいた氏名,住所その他の個人情報については,①入学者選抜(出願処理,選考実施),②合格発表,③入学手続,④入学者選抜方法等における調査・研究,⑤及びこれらに付随する業務を行うために利用します。

(3) 各種業務での利用に当たっては,一部の業務を本学より当該業務の委託を受けた業者(以下,「受託業者」という。)において行うことがあります。業務委託に当たり,受託業者に対して,委託した業務を遂行するために必要となる限度で,お知らせいただいた個人情報の全部又は一部が提供されます。

(4) 出願に当たってお知らせいただいた個人情報は,合格者のみ入学後の①教務関係(学籍,修学指導等),②学生支援関係(健康管理,奨学金申請等),③授業料等に関する業務を行うために利用します。

(5) (4)の個人情報のうち,氏名,住所に限って,北大フロンティア基金及び本学関連団体である,①北海道大学体育会,②北海道大学工学部北工会からの連絡を行うために利用する場合があります。

15.その他

(1) 願書等は,北海道大学大学院情報科学研究科事務課教務担当に提出してください。

(2) 願書等を郵送する場合は,必ず書留郵便とし,「大学院入学願書在中」と朱書きしてください。

(3) 入学願書を受理した者には,平成29年2月上旬までに受験票を送付します。

(4) 入学志願者で身体に障害のある者は,あらかじめ受験上や修学上の対応が必要となる場合があるので,平成29年1月20日(金)までに情報科学研究科事務課教務担当に申し出てください。

16.専攻からの専門試験に関する詳細情報
情報理工学専攻

1.専門科目1

以下の5科目から出題される問題から3問を選んで解答します。

  • 基礎数学(線形代数として,行列,連立一次方程式,行列式,逆行列,ベクトル空間,線形写像,固有値,固有ベクトルなど,微分積分として,極限,微分,偏微分,テイラーの定理,積分,重積分,変数変換,常微分方程式など)
  • 情報数学(集合と関係,命題論理,順列・組合せ,代数,ブール代数など)
  • 確率・統計(データの整理と記述,確率,確率変数と確率分布,標本分布,母数の推定,仮説検定など)
  • コンピュータ基礎工学(ノイマン型計算機,命令表現,アドレス方式,中央処理装置,記憶装置,組合せ回路,演算回路,順序回路,記憶回路,オペレーティングシステム,ネットワークなど)
  • プログラミング(UNIX,C言語,ファイル入出力,数値計算,ポインタ,構造体,データ構造など)

2.専門科目2

小問1題を解答するとともに小論文を作成します。

  i.小問は以下の5科目からそれぞれ出題されますので1問を選んで解答します。

  • 情報理論(情報量,エントロピー,相互情報量,情報源,マルコフ情報源,情報源符号化,通信路,通信路符号化などに関する知識を問う小問)
  • 離散数学(形式言語,オートマトン,グラフ理論などに関する知識を問う小問)
  • アルゴリズムとデータ構造(漸近的評価,時間・空間計算量,リスト,キュー,スタック,ヒープ,探索木,ハッシュ表,整列,探索,再帰,動的計画法,分割統治法,文字列照合,グラフアルゴリズムなどに関する知識を問う小問)
  • 人工知能(探索と推論,知識情報処理,機械学習,複雑系,自己組織化,データ解析,ヒューマン・マシンインタラクションなどに関する知識を問う小問)
  • コンピュータシステム(情報ネットワーク,ソフトウェア工学,マルチエージェントシステム,ロボット情報学,シミュレーション工学,ネットワークアーキテクチャ,インターネットなどに関する知識を問う小問)

  ii. 小論文では,情報理工学に関する一般的なことがらについて自身の考えを800字程度の文章として表現して頂きます。内容に加え論理的な記述力や推論の明晰さなどを評価します。

3.参考資料の提出(提出は任意,コピー可)

本専攻を受験する受験生は参考資料として,専門領域における業績(たとえばコンテスト入賞,プロジェクト参加,情報処理技術者試験)があればその資料を願書に同封して提出してください

情報エレクトロニクス専攻

専門科目1

以下から出題される6問のうち3問選択して解答すること。

応用数学I
線形代数(ベクトル、行列、行列式、連立一次方程式、固有値問題)、ベクトル解析(ベクトルの微分法・積分法)
応用数学 II
常微分方程式、ラプラス変換、フーリエ級数、偏微分方程式、複素関数、複素積分
半導体デバイス工学
pn接合のバンド図、pn接合の電流-電圧特性(整流特性)、MOSゲート構造の表面ポテンシャルとしきい電圧、MOS電界効果トランジスタの電流-電圧特性、CMOSインバータ回路の動作原理、発光・受光素子の動作原理、太陽電池の動作原理
電磁気学
真空中の電磁気学(静電界、静磁界、電流と磁界、電磁誘導、マクスウェルの方程式)、物質中の電磁気学(誘電体、磁性体、導体)
電気回路
直流回路・交流回路(一端子対回路・二端子対回路、ブリッジ回路、相互誘導回路を含む)、正弦波交流と電気的諸量の複素表示、線形回路の諸定理、過渡現象
電子回路
MOSトランジスタの増幅作用(ソース接地増幅回路, ドレイン接地増幅回路,ゲート接地増幅回路など),バイポーラトランジスタの増幅作用(エミッタ接地増幅回路, コレクタ接地増幅回路, ベース接地増幅回路など),演算増幅器の基礎(反転増幅回路, 非反転増幅回路, 微分回路, 積分回路など),演算増幅器の応用(加減算, 微分積分を組み合わせたアナログ演算回路など),発振回路(コルピッツ発振回路, ハートレー発振回路など)

専門科目2

以下から出題される5問のうち2問選択して解答すること。

ディジタル回路
CMOS論理ゲート(複合ゲートを含む)とそれらによる組み合わせ回路、算術演算回路(加算器、乗算器など)、エンコーダとデコーダ、マルチプレクサとデマルチプレクサ、順序回路(フリップフロップ、レジスタ、シフトレジスタ、カウンタなど)
量子力学
量子力学の基礎的概念(電子の二重性,重ね合わせの原理,不確定性関係など)、1次元の問題(ポテンシャルステップ,井戸型ポテンシャル,ポテンシャル障壁とトンネル効果)、調和振動子(エネルギーの量子化など)、球対称ポテンシャルの中の電子(角度方向の波動関数など)、角運動量演算子(交換関係など)
物性工学
固体の結晶構造、X線回折と逆格子、格子振動の振動モード、自由電子近似、金属・半導体・絶縁体のエネルギー帯
情報通信ネットワーク 【 例題 】
デジタル変復調、通信路と通信路符号化・復号化、通信プロトコルと階層表現、情報量と通信速度、スペクトル解析、サンプリング理論 
光エレクトロニクス
光の反射・屈折・透過、光波の伝搬・回折・干渉、レンズの特性、光共振器
生命人間情報科学専攻

専門科目1

以下から出題される5問のうち2問を選択すること。

代数・幾何学
(行列,行列式,連立方程式,固有値と固有ベクトル,ベクトル場とスカラー場の微分・積分)
解析学
(常微分方程式,フーリエ級数,ラプラス変換,偏微分方程式,複素関数,複素平面,複素積分)
情報理論
(情報量,離散・連続情報,通信容量,符号化,論理演算・回路,グラフ理論)
基礎化学
(原子の構造,化学結合,酸化・還元,炭化水素化合物の構造,置換・付加反応)
生化学
(タンパク質,核酸,糖質,脂質,酵素,代謝,生体エネルギー)

専門科目2

以下から出題される5問のうち2問を選択すること。

力学
(力と運動の法則,仕事とエネルギー,力積と運動量,重力,波動と振動)
電磁気学
(静電界,静磁界,電流と磁界,電磁誘導,マクスウェルの方程式)
電気・電子回路
(直流回路,交流回路,トランジスタと等価回路,増幅器,帰還回路と発振)
生物科学
(生体物質と細胞,細胞とエネルギー,遺伝子・染色体・ゲノム,遺伝の仕組み,遺伝子発現,細胞の情報伝達,生命情報解析,進化と系統,バイオテクノロジー)
生物物理学
(タンパク質の折りたたみと変性,タンパク質の高次構造の解析と予測,分子間相互作用,筋収縮,生体膜の構造と機能)
メディアネットワーク専攻

専門科目1(2問選択)

応用数学
行列と行列式,連立一次方程式,逆行列,固有値,ベクトル解析など
コンピュータ工学
ノイマン型計算機,アドレス方式,命令語,中央処理装置,演算装置,記憶装置, 入出力装置,制御装置など
信号処理
離散時間信号の処理,フーリエ変換,離散時間フーリエ変換,z変換,離散時間システムなど

専門科目2(2問選択)

画像処理
画像の標本化と量子化,画像の統計的特徴,画像の空間フィルタリング,画像の直交変換,画像圧縮,画像認識,画像生成など
通信システム
変調(振幅変調,角度変調),復調(同期検波,包絡線検波),狭帯域確率過程,ガウス雑音,ディジタル通信方式(OOK, PSK)など
光・電波理論
分布定数回路,入力インピーダンスと反射係数,分布定数線路の整合回路・共振回路・行列表現,マクスウェルの方程式,波動の基本的な性質(反射・透過・干渉)など
言語メディア理解論
形態素解析,かな漢字変換,構文解析,意味解析,機械翻訳,対話処理など
システム情報科学専攻

システム情報科学専攻の専門試験の各科目は,つぎのようなキーワードで代表されますので,参考にして下さい。

専門科目1(2問選択)

線形代数
(1)ベクトル空間,(2)写像,(3)行列と行列式,(4)連立方程式,(5)固有値と固有ベクトル
常微分方程式
(1)一般解と特殊解の求解,(2)連立微分方程式,(3)変数変換,(4)ラプラス変換による解法,(5)微分方程式の応用
フーリエ解析とz変換
(1)フーリエ級数,(2)フーリエ変換,(3)離散時間フーリエ変換,(4)z変換
参考図書:
貴家仁志,「ディジタル信号処理」(1章,3章,4章),オーム社(2015)
情報学基礎
(1) 集合・写像(集合の基礎,直積,写像,合成写像)
(2) 数え挙げ(順列・組み合わせ,重複,復元,二項係数)
(3) グラフ理論(グラフの分類と性質,木構造,有向グラフ,ネットワークフロー)
(4) 論理(命題論理,ブール表現,カルノー図,組み合わせ論理回路)

専門科目2(2問選択)

力学
(1)運動の記述,(2)ニュートンの運動方程式,(3)仕事とエネルギー,(4)運動量と力積,(5)振動,(6)剛体の運動,(7)解析力学
参考図書:
阿部龍蔵,「岩波基礎物理シリーズ 力学・解析力学」,岩波書店
電気回路
(1) 直流回路
(2) 交流回路(ひずみ波交流,三相交流を除く)
(3) 回路の諸定理(重ね合せの理,テブナン・ノートン等価回路,相反定理,Δ-Y変換,ブリッジ回路,整合)
(4) 2端子対回路(Y行列とZ行列,H行列,F行列)
(5) 過渡解析(微分方程式を解く一般的解法,ラプラス変換による計算法)
参考図書:
小澤孝夫,「電気回路を理解する」,昭晃堂
電磁気学
真空中の電磁気学を範囲とします.
(1) 静電界(電界,電束密度,電位,クーロンの法則,ガウスの法則,電界のエネルギー)
(2) 静磁界(磁界,磁束密度,ベクトルポテンシャル,ビオ・サバールの法則,アンペールの法則,磁界のエネルギー)
(3) 電磁力(クーロン力,ローレンツ力,仮想仕事の原理),電磁誘導(インダクタンス,ファラデーの法則)
(4) 電磁波(マクスウェルの方程式)
参考図書:
松原,坂口,山田,「工科系の電磁気学」,コロナ社,1章~3章,8.1, 8.2節
線形制御理論
(1) 線形システムの表現 (伝達関数表現, 状態変数表現,システム変換,線形系の解,可制御・可観測性,正準形)
(2) 安定判別 (安定条件,ラウス・フルビッツの判定法,リアプノフ関数)
(3) 周波数応答 (ボード線図,安定余裕, ナイキスト線図)
(4) フィードバック制御 (フィードバック変換,極配置,定常偏差,サーボ系, 最適レギュレータ, オブザーバ)
離散時間系,時間遅れ要素を含む系は出題範囲外とします.

平成28年11月

17.募集要項の請求先

〒060-0814 札幌市北区北14条西9丁目
北海道大学大学院情報科学研究科事務課教務担当
電話 (011)706-6946・7596
E-mail kyomu-t@ist.hokudai.ac.jp

入試情報へ戻る

ページの先頭へ