北海道大学大学院 情報科学研究科

北海道大学大学院
情報科学研究科

= メディアネットワーク専攻 =

情次世代情報メディア技術を創出し,仕事や生活の革新を実現する,画像・映像・音響・音楽や自然言語など情報メディアの最先端の研究を行っています。また,情報を伝達するための電波や光を用いた高速・ユビキタスネットワークの理論の構築と新技術の創成を目的とした最先端の研究についても行っています。本専攻は4つの講座で構成されています。

▼情報メディア学講座▼

多様な情報メディアによる情報伝達の基本原理および応用,画像処理・映像処理・音響処理・音楽処理,医用画像処理,脳情報科学,知識メディア処理,知識発見,メディア生成変換処理,ヒューマンインタフェース,著作権保護技術,自然言語処理,コンピュータグラフィクス,超臨場感技術,AR (Augmented Reality),3D映像,空間情報処理,e-learning等に関する研究を行っています。

- 主な研究内容 -

▼情報通信システム講座▼

高度情報社会の基盤を形成する情報通信システム構築のための新しい要素技術や設計法を,ハードウェア・ソフトウェア両面から総合的に研究・教育するとともに,情報通信システム・ネットワーク・ブロードバンド技術の高度化,フォトニクス・モバイル技術,環境電磁工学の新展開に関する研究を行っています。

- 主な研究内容 -

▼ユビキタスネットワーク学講座▼
(連携講座)

日本電信電話(株)アクセスサービスシステム研究所,日本電信電話(株)NTTコミュニケーション科学基盤研究所との連携講座です。

▼メディアネットワーク社会学講座▼
(連携講座)

(株)エヌ・ティー・ティー・ドコモとの連携講座です。

トップページに戻る


(C)北海道大学大学院情報科学研究科