HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル5

ネットジャーナル5

「つながる」から「見つける」へ
次世代へつなぐ知識創出学の創成

写真:博士(理学) 有村 博紀

情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻・教授
博士(理学) 有村 博紀

プロフィール

1988年九州大学理学部卒業。90年から九州工業大学情報工学部で助手・講師・助教授を務める。96年、九州大学大学院システム情報科学研究院助教授に就任。2004年から北海道大学大学院情報科学研究科教授に就任。研究分野は計算学習理論、データマイニング、アルゴリズム、帰納論理プログラミングなど。人工知能学会・情報処理学会・ACMなどの学会に所属し、多数の受賞経験を持つ。

情報の海から「知」を導き出すグローバルCOEプログラムの採択

――07年6月に「知の創出を支える次世代IT基盤拠点」がグローバルCOEプログラムに採択されました。有村先生は拠点リーダーを務められていますが、どのような経緯で申請・採択されたのですか。

有村 グローバルCOEは平成14年度に本研究科でスタートした「21世紀COEプログラム」(解説1)の発展型ともいえる事業です。21世紀COEでは、インターネット上にあるデータやシステムを自在に連携する情報処理・通信技術の研究開発に取り組み、大きな成果を挙げています。今回のグローバルCOEは、すべてが連携された状態の中から新しい知識を創出する理論と技術の確立を目指したものです。「つながる」から「見つける」への新たなステップなのです。

――「情報、電気、電子」の分野は採択拠点数が少ない難関だったと聞いていますが、どのような点が評価につながったのでしょうか。

有村 第一に、知識を発見・連携する「知識創出学」という新たな学問を前面に打ち出したことが挙げられると思います。現代の私たちは、インターネットの普及により膨大な情報を簡単に入手することができます。観測・計測技術も飛躍的に進歩し、これまで知ることのできなかったさまざまな事象・現象に関するデータも手にすることができるようになりました。私たちは、かつてない巨大な情報の海を目の前にしているのです。しかし、情報の量が増えただけでは新しい知識の創出にはなりません。混沌とした大量のデータから特異な、あるいは顕著なパターンを発見し、そこに隠された意味を読み取ることは、私たちの手に負えないほど複雑で膨大な作業になるからです。情報の海に埋もれている「価値ある何か」を見つけ出すためには、新しい情報技術・学問基盤・人材育成が必要なのです。それを大学の教育研究プログラムとして掲げ、具体的にプランニングしたというのは全国的に見ても画期的なことではないかと思います。

また、本研究科の若い世代の研究者が中心となってプログラムの骨子を練り上げたという点も高く評価されました。私を含め、メンバーの多くが30~40代の研究者です。そうした人たちが分野を越えて、これからの大学教育に必要なものは何か、自分たちのやるべきことは何かを徹底的に考え抜きました。研究科長をはじめトップ教授陣の強力なバックアップが得られたことも大きな力になりました。

ページの先頭へ