HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル7

ネットジャーナル7

より広く、より多彩に広がるゲノムの世界
最先端の解析技術を駆使し進化の謎に迫る

写真:博士(理学) 小柳 香奈子

情報科学研究科 生命人間情報科学専攻・准教授
博士(理学) 小柳 香奈子

プロフィール

京都大学大学院理学研究科博士課程修了、2001年より生物情報解析研究センターでヒト遺伝子の統合データベース構築に携わり、2002年にヒト遺伝子の統合データベース構築を目的とした国際共同研究プロジェクト(H-Invitational)に参画。ヒト完全長cDNAとゲノム配列の比較によるデータ整備などに従事。国内外の研究者とともに約4万件の完全長cDNAのアノテーションを行った。2003年奈良先端科学技術大学院大学助手を経て、2004年より北大情報科学研究科准教授に就任。現在の研究テーマは、ゲノムのコンピュータ解析によるヒトやウィルスの遺伝情報の進化過程の解明など。

技術革新により研究領域と応用範囲が飛躍的に拡大

――現在のゲノム研究は主にどのようなことが行われているのでしょうか。

小柳 ゲノムとは生物の細胞の中に存在する全遺伝情報(DNA)のことで、ヒトゲノムは約30億個ものヌクレオチド(アデニン<A>、グアニン<G>、シトシン<C>、チミン<T>の4種類の塩基がある)からなり、その中に約22,000個の遺伝子が含まれています。2003年にヒトゲノムの塩基配列が完全に解読(塩基配列決定)されましたが、解読には十数年という時間と数千億円のコストを要し、世界各地の研究機関が共同で取り組んできた一大プロジェクトでした。その後、技術革新が急速に進み、今ではヒトゲノム塩基配列を決定するのに必要な時間は数日、コストは数十万円程度にまで短縮されています。

ゲノム塩基配列の決定が容易にできるようになったことで、ゲノムの研究領域や応用範囲が格段に広がりました。ヒトゲノムに含まれる遺伝子が、体内のどの場所でいつどんな機能を持っているかということも次第に明らかになっています。個人個人のゲノムを解読することもできるようになり、遺伝情報から病気のリスクや体質などを調べることも可能です。

しかし、ヒト全遺伝子の中で機能や役割が解明されているのは全体の半分程度で、まだ分かっていないこともたくさんあります。技術的に調べることができなかった、あるいは調べるのに膨大な時間やコストがかかっていたものが、短時間かつ低コストで解析できるようになったため研究のスピードが速まり、次々と新しいことが発見され、さらに新たな疑問や課題が浮かび上がってきます。ゲノムに関する知見は爆発的に増える一方なのです。

ページの先頭へ