HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル8

ネットジャーナル8

人間を理解し、社会を解析するための情報科学へ
言語にとらわれない自由な連想を誘発する検索エンジン

写真:博士(工学) 長谷山 美紀

情報科学研究科 メディアネットワーク専攻・教授
博士(工学) 長谷山 美紀

プロフィール

1988年北大大学院工学研究科修士課程了。同電子科学研究所助手、同大学院工学研究科助教授、米国ワシントン大客員助教授などを経て、06年北大大学院情報科学研究科教授、現在に至る。専門は画像・映像・音響等マルチメディア信号処理論の構築とその応用研究。IEEE、電子情報通信学会、映像情報メディア学会、日本音響学会、情報処理学会、各会員。日本工学アカデミー会員、日本学術会議連携会員。総務省総情報通信政策局情報通信審議会専門委員(07~11年)、経済産業省 『情報大航海プロジェクト』技術アドバイザー(07~09年)なども務めている。

学問として新しいフェーズに進んだメディアネットワーク技術

――メディアネットワーク技術の最先端では、今何が起きているのでしょうか。

長谷山 これまでのメディアネットワーク技術は、仮想空間で情報やサービスを提供するための技術でしたが、現在では、現実世界での人間の行動や思考を解析し、社会の形成にそれらがどのように影響しているかを推測することが可能になりつつあります。ディジタルデータが、人間そのものを探究するための手段として利用できるようになってきたのです。これは、情報科学が学問として新しいフェーズに入ったことを意味していると思います。

――研究室では、どのような研究が行われているのですか。

長谷山 Web上にはブログなどのさまざまなサイトや、SNSに代表されるサービスが存在し、そこには人間の行動や思考を表現した文章・画像・映像などがディジタルデータとして蓄積されています。それらを多様な切り口から解析することで、類似性や差異を導出し、実世界で起こる現象との関連性を導き出したら、そこに何が見えてくるのか? 見えてきたものは何を表しているのか? 私たちが取り組んでいるのは、無造作に並べられた膨大なディジタルデータを定量化・可視化するとともに、定性的に道筋を立てて考えるための理論の構築に関する研究です。

現在、研究室では、画像・映像・音響・音楽などを対象に①符号化、②復元、③認識、④意味理解、⑤コンピュータグラフィックスの5つの基礎テーマを設け、さらにこれら5つの基礎技術から、多様なメディアを有機的に横断する次世代情報アクセスシステムCyber Space Navigatorを立ち上げています。①~③は、Web上に蓄積されているデータを、解析に適した状態に整えることに役立ちます。例えば、劣化した画像を復元したり、不要なオブジェクトを除去したり、人間やモノを自動で検出する技術です。④では、画像や映像に含まれる意味的な内容がどのようなものであるかを理解するための技術を開発しています。色、模様、形状、動きなどの特徴から、対象のコンテンツに何が含まれているのかをコンピュータが自動的に理解するシステムが実現されます。⑤は、画像・映像を生成するための技術であり、三次元画像モデルを自動的に構築したり、アニメーションの生成を可能とする研究を進めています。

さらに、これらの技術を応用することで、次世代情報アクセスシステムCyber Space Navigatorが実現され、その代表として、Web上に存在する画像や映像から自分が求めるものを効率的に検索するインタフェース「Image Vortex」と「Video Vortex」が開発されました。

ページの先頭へ