HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル8

ネットジャーナル8

解説

解説1:次世代画像クルージング技術「Image Cruiser」

Image Cruiserは、Image Vortexで定義される距離尺度に基づき、高速な画像の可視化を実現するインタフェース。膨大な量の画像を俯瞰し、容易かつ高速に望む画像へ到達することができる。現状のシステムでは、100万枚の画像に対応するサービスが可能。

次世代画像クルージング技術 Image Cruiser
(図1)次世代画像クルージング技術「Image Cruiser」

本文にもどる

解説2:次世代連想型映像・楽曲検索エンジン「Video Vortex」

左下が現在選択されている映像。左上は画像特徴の類似する映像、右下は音響・楽曲特徴の類似する映像である。各映像にはタグが付けられておらず、画像や音響・楽曲の特徴量を算出・比較することで、自動的の推薦を実現している。ユーザがインタフェース上に表示された映像の中から自分のイメージにより近いものを選択すると、さらにそこから画像や音響・楽曲の似ている映像が推薦される。見た目や音などから次々と連想が広がり、キーワードだけでは拾い切れない発見へとつながっていく。

次世代連想型映像・楽曲検索エンジン「Video Vortex」
(図2)次世代連想型映像・楽曲検索エンジン「Video Vortex」

本文にもどる

ページの先頭へ