HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル9

ネットジャーナル9

レアアース不要の高出力モータで
日本の自動車産業に新たな競争力をもたらす

写真:博士(工学) 竹本 真紹

情報科学研究科 システム情報科学専攻・准教授
博士(工学) 竹本 真紹

プロフィール

1999年東京理科大学大学院理工学研究科電気工学専攻 修士課程修了。東京工業大学、武蔵工業大学の助手・講師などを経て、2008年に現職へ就任。現在まで一貫してパワーエレクトロニクスの研究に従事。特に「回転機と磁気軸受を一体化したベアリングレスモータ」「磁気軸受」「ハイブリッド自動車用などの高出力・高効率な永久磁石同期モータ」などの電磁機械の開発に取り組む。電気学会、日本AEM学会、IEEE等所属。

モータの開発で自動車産業に貢献

――竹本先生は長年モータの研究をされていますが、主にどのようなものですか。

竹本 現代社会において電気エネルギーは、水や空気と同じように無くてはならない存在です。そして、日本では、総電力消費量の内、約55%もの大きな割合をモータで消費しております。したがって、モータの性能向上は、電気エネルギーを有効活用するために欠かせない最も重要な研究テーマの一つとなっております。これまでに、様々な種類のモータの研究開発を行っておりますが,私は特にハイブリッド自動車の駆動用に使われるモータの研究に従事しています。

現在のハイブリッド自動車用モータにはレアアース(希土類元素)を材料としたネオジム磁石(解説1)が使われているのですが、近年はレアアース生産の90%以上を中国に依存しており、価格高騰や輸出規制などの問題が浮上しています。ハイブリッド自動車や電気自動車を普及させるには、安定供給とコストダウンが図れる、レアアースを使用しない安価なモータの利用が望まれているのです。そこで、2008年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が立ち上げた「次世代自動車用高性能蓄電システム開発プロジェクト」に参画し、フェライト磁石(解説2)を用いたハイブリッド自動車用モータの開発に取り組みました。

ページの先頭へ