HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル9

ネットジャーナル9

解説

解説1:ネオジム磁石

ネオジム磁石は「ネオジム」や「ジスプロシウム」などの希土類元素(レアアース)から作られる永久磁石で、非常に強い磁力を持つ。ハイブリッド自動車用モータの他、HDDや携帯電話、パソコンなど多くの家電製品に使われている。

本文にもどる

解説2:フェライト磁石

フェライト磁石は棒磁石や小型モータ、家庭やオフィスで使われるマグネット製品など一般的に普及している磁石で、価格はネオジム磁石の10分の1程度。レアアースの代替材料としての可能性が期待されている。

本文にもどる

解説3/図1:レアアースを使わない新構造の50kwハイブリッド自動車用フェライト磁石モータ

回転子にセグメント構造を採用し、フェライト磁石と圧粉鉄心を交互に組み込むことでマグネットトルク(磁石が引き合ったり反発したりする力)とリラクタンストルク(磁石が鉄などを引きつける力)の2種類を利用してモータを回転させる。これにより従来のハイブリッド自動車用レアアースモータに匹敵する出力を実現した。

新しく開発したモータの構造
(図1)新しく開発したモータの構造

本文にもどる

ページの先頭へ