HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル10

ネットジャーナル10

ユーザの投稿を自動で選別・掲載する観光情報サイト

――具体的にはどのような分野での活用を考えているのですか。

川村 北海道の大学であることを踏まえ、まずは北海道の基幹産業の一つである観光分野での適用を目指しました。道内の観光地では、自治体・民間を問わずさまざな事業者が観光情報の発信に力を入れていますが、今最も大きな問題となっているのが情報の更新です。ITに精通した人材も不足しており、せっかく開設したサイトも更新が滞るとユーザは離れていきます。そこで、私が参画している北海道観光振興機構の情報システムワーキングループが中心となり、まったく新しい方式による観光情報サイト「キュンちゃんねる」(解説2)を立ち上げました。

キュンちゃんねる」の最大の特長は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用しているユーザが、「#キュン旅※※」(※※は地名やイベント名などを入れることができる)というタグを付けて投稿するだけで簡単に情報提供できることです。サイト運営者が情報更新する必要がなく、しかもリアルタイムな情報提供が可能になります。

川村 秀憲准教授

ページの先頭へ