HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル14

ネットジャーナル14

幅広い帯域、多様な電波の有効活用を目指し
UWBの実用化時代に備えたアンテナ技術の開発

写真:博士(工学)山本 学 准教授

情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 
情報通信システム講座 ワイヤレス情報通信研究室・准教授
博士(工学) 山本 学

プロフィール

1993年北海道大学工学部電子工学科卒。1998年同大大学院博士課程了。同年北海道大学大学院工学研究科電子情報工学専攻助手、2000年同助教授、2004年北海道大学大学院情報科学研究科助教授、2007年同准教授、現在に至る。主な研究分野は平面アンテナ、ミリ波アンテナ・導波路、携帯端末アンテナ等の研究。平成9年度電子情報通信学会学術奨励賞。平成18年度電子情報通信学会通信ソサエティ優秀論文賞受賞。電子情報通信学会、IEEE会員。

さらなる高速化・大容量化・高品質化が求められる次世代無線通信システム

――携帯電話やノートパソコンが普及した現代、次世代の高速無線ネットワークにはどのような技術革新が求められているのでしょうか。

山本 高品質な映像や音声などの大容量データを高速伝送するための無線システムは、携帯電話やノートパソコンなどの普及により急激にユーザ数が増えています。現在、日本国内で普及しているW-CDMAやCDMA2000といった携帯電話向けの高速無線通信規格は第3世代と呼ばれていますが、これらの方式に変わるものとしてLTE(Long Term Evolution)と呼ばれる新しい通信規格を利用した携帯電話サービスが登場し、第4世代(3.9世代とも)と呼ばれています。しかし、携帯電話をはじめとする主な移動体通信に使われている周波数帯(300M〜30GHz)は現在最も利用が集中している帯域で、さらなる高速化・大容量化・高品質化を目指すには、より多くの周波数・電波を活用することが求められます。

次世代高速無線システムで今注目されているのが、MIMO(Multiple-Input-Multiple-Output)(解説1)やUWB(Ultra Wide Band)技術です(解説2)。MIMOは、複数のアンテナを使って送受信することで伝送時間を短縮する技術で、すでに一部で実用化されています。UWBは、7〜10GHzという幅広い周波数の帯域で送受信する技術ですが、通信システムや送受信機器などについてはまだ研究段階です。

本研究室では、MIMOやUWB技術を用いた場合にも対応可能なアンテナ技術の開発をはじめ、電波環境評価、医療器へのEMI(電子機器が発する通信用の電波や高周波の電磁波ノイズが周囲の電子機器や人体に与える影響)評価試験、電波吸収材料・擬似人体の開発などを行っています。

ページの先頭へ