HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル21

ネットジャーナル21

再生可能エネルギーの有用性向上を目指して
実証研究が進むメガソーラーとマイクログリッド

写真:博士(工学) 原 亮一 准教授

情報科学研究科 システム情報科学専攻 
システム融合情報学講座 システム統合学研究室・准教授
博士(工学) 原 亮一

プロフィール

1998年、北海道大学工学部電気工学科卒業。2000年、北海道大学大学院工学研究科修士課程修了。2003年、北海道大学大学院工学研究科博士後期課程(情報エレクトロニクス系 システム情報工学専攻)修了。2006年、横浜国立大学大学院工学研究院助手(知的構造の創生部門 電気電子と数理情報分野)、北海道大学大学院情報科学研究科助教授(システム情報科学専攻システム融合情報学講座)を経て、2007年より北海道大学大学院情報科学研究科准教授。

既存の電力システムをより効率良く利用するために

――先生の研究はわが国のエネルギー問題とどのような関連性があるのでしょうか。

原 エネルギー分野は社会を支える重要なインフラの一つで、安価で安定的にエネルギーを供給する体制を整えることは非常に重要です。エネルギー分野は資源の開発から消費まであらゆる領域で盛んに研究が行われていますが、私たちは電力システムについて研究をしています。電力システムは、非常に大規模かつ複雑なシステムです。しかも、どこか一箇所で事故や故障が起これば全体に影響が及び、災害時には長期停電なども起きます。電力システムにかかる予算も大規模で、1%程度の改善でも国民経済に大きな影響を与えます。輸入資源の高騰が続く中、電気料金の上昇を抑えつつ安定した供給を維持するためには、要素技術の開発のみならず既存の電力システムをより効率的に活用するための工夫や仕組みづくりも必要なのです。

私たちの研究室では、既存の要素技術を組み合わせて効率的に発電・利用する仕組みを研究しています。特に近年は、太陽光発電や風力発電など「再生可能エネルギー(RE)」と呼ばれる電源に注目が集まっていますが、RE電源の多くは出力が天候に左右される制御性の低い電源であり、系統電源(電力会社が保有する大規模な火力発電所・水力発電所など)に影響を与えることなく適切に導入し、リスクを抑えながら効率的に活用するための検証やルール作りが急務とされています。東日本大震災以降、原子力発電が利用できない状況がつづいており、エネルギーセキュリティについて改めて考え直すべき問題点も浮き彫りにされています。私たちの研究は、それらの問題を見すえながら、有用性の高いシステムをいかに構築していくかを目指すものです。

ページの先頭へ