HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル21

ネットジャーナル21

解説

解説1:NEDO「大規模太陽光発電系統安定化等実証研究」

2006年度から2010年度にかけて、北海道稚内市に5,000kWのメガソーラー施設を建設し、大規模PV(photovoltaics、Solar Photovoltaics:太陽光発電)の系統連系の影響評価と系統安定化技術の開発、数時間オーダの出力制御技術の開発、高調波抑制技術の開発、シミュレーションツールの作成、大規模PV発電所建設の手引書の作成などを目的とした実証研究を行った。日射量予測に基づき出力計画を作成、系統電源と協調的な運転を行う。計画地とPV出力の差分はNAS電池で吸収し、数時間単位で出力を制御する。これにより、出力変動の90%以上を吸収することが実証できた。

稚内メガソーラ発電所
写真:稚内メガソーラ発電所

本文にもどる

解説2:風力発電等分散型エネルギーの広域運用システム –蓄電池・バイオガス発電の協調制御-

環境省の2012年度「地球温暖化対策技術開発・実証研究事業」に採択されたプロジェクト。稚内、伊達のメガソーラーと、道内3箇所(稚内、苫前、瀬棚)のウインドファームをオンラインで結び、出力変動や出力予測誤差のならし効果を考慮した蓄電池等による効率的な出力安定化技術の開発を目指す。出力安定化のための設備としてウルトラ・キャパシタ、リチウムイオン電池、NAS電池の3種類を組み合わせて協調的に補償することを検討している。

図:風力発電等分散型エネルギーの広域運用システム
図:風力発電等分散型エネルギーの広域運用システム

本文にもどる

解説3:直流マイクログリッドのエネルギーマネジメントシステムの実証研究

家電機器・オフィス機器・工場内の電力機器などに対して,自前の小規模分散型電源から自立的に電力を供給可能なシステムをマイクログリッドと呼ぶ。本実証研究では既存の電力システムが採用している交流ではなく,太陽光発電,蓄電池,電気自動車,照明,パソコンなどと相性の良い直流を主とした電力供給方式の確立,ならびに発電予測・需要予測に基づく蓄電池・電気自動車の充放電スケジュールを最適化するエネルギーマネジメントシステム(EMS)を開発している。

図:直流マイクログリッドのエネルギーマネジメントシステム
図:直流マイクログリッドのエネルギーマネジメントシステム

本文にもどる

ページの先頭へ