HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル25

ネットジャーナル25

解説

解説1:原子間力顕微鏡による多数細胞の計測

マイクロアレイ上に高密度に充填した単層の細胞サンプルを原子間力顕微鏡で計測。細胞の複素弾性率の細胞数分布を観測することができる。

図:原子間力顕微鏡による多数細胞の計測
図:原子間力顕微鏡による多数細胞の計測

本文にもどる

解説2:マイクロポスト基板を用いた細胞内力伝搬の計測

柔らかい多数のマイクロスケールの柱(マイクロポスト)の上部に細胞を接着させ、マイクロポストのたわみ量から、細胞の接着点に働く牽引力を計測する。細胞の上部に接着させたカンチレバーを垂直方向に振動させることで、細胞上部から下部の接着点に伝搬する力をマイクロポストのたわみ量から計測する。

図:マイクロポスト基板を用いた細胞内力伝搬の計測
図:マイクロポスト基板を用いた細胞内力伝搬の計測

本文にもどる

解説3:イオンコンダクタンス顕微鏡を用いた細胞膜揺らぎの計測

イオンコンダクタンス顕微鏡は、ナノピペット先端の微小孔を流れるイオン電流を測定することによって、細胞表面の位置を非接触で検知することができる。この技術を応用して、ナノスケールの細胞膜の揺らぎ量を直接計測することができる。

図:イオンコンダクタンス顕微鏡を用いた細胞膜揺らぎの計測
図:イオンコンダクタンス顕微鏡を用いた細胞膜揺らぎの計測

本文にもどる

ページの先頭へ