HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル31

ネットジャーナル31

遺伝的アルゴリズムを用いた帰納的学習による言語処理
言葉を覚えて成長するコンピュータを目指して

写真:博士(工学)荒木 健治 教授

情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 
情報メディア学講座 言語メディア学研究室・教授
博士(工学) 荒木 健治

プロフィール

1982年、北海道大学工学部電子工学科卒業。1988年、同大学院工学研究科情報工学専攻 修士課程修了。1988年 同電子工学専攻 博士後期課程修了(工学博士)。1988年、北海学園大学工学部電子情報工学科 助手。1998年北海学園大学工学部電子情報工学科 教授。1998年、北海道大学大学院工学研究科 電子情報工学専攻 助教授。2002年、同大学院工学研究科電子情報工学専攻 教授。2004年、同大学院情報科学研究科メディアネットワーク専攻 教授。
<在外研究歴>
1992年9月から1993年9月米国スタンフォード大学 CSLI(言語情報研究所)客員研究員、 2000年7月から2000年8月米国スタンフォード大学 CSLI(言語情報研究所)客員研究員、 2009年9月から2009年12月米国スタンフォード大学 CSLI(言語情報研究所)客員研究員

電子情報通信学会、人工知能学会、日本認知科学会、情報処理学会、言語処理学会、Association for Computational Linguistics(ACL)、The Institute of Electrical and Electronics Engineering(IEEE)、The American Association for Artificial Intelligence(AAAI)所属

人間が言葉を覚えるメカニズムをコンピュータで実現

――言語メディア学研究室ではどのような研究をおこなっているのですか。

荒木 人間が言語を獲得していくメカニズムを解明し、工学的に実現することを目標に研究を行っています。具体的には、言葉を覚えて成長するコンピュータの実現です。私には3人の子どもがいるのですが、最初の子が生まれた時、言葉を覚えていく過程がとても興味深く、これをコンピュータでつくってみたいと思ったのが始まりです。

アシモのように人間と言葉を交わすロボットやシステムはすでに存在しています。しかし、そのほとんどは人間があらかじめプログラムしたものであり、複雑な質問や想定外の要求に答えることはできず、相手を理解しているわけでもありません。本研究が目指しているのは、人間の赤ちゃんと同じように学習を通して自ら成長し、理解する能力を獲得するシステムです。私が研究を始めた1980年代は、人間の言語獲得に関する研究は発達心理学の領域とされ、コンピュータを使って工学的に実現するというアプローチは非常に珍しいものでした。

コンピュータが他者(主に人間)とコミュニケーションしながら言葉を学習し、大人と同じように話せるようになるには、人間が通常使う言葉(自然言語)の処理能力が必要です。本研究ではまず、自然言語処技術の研究に取り組みました。知識ゼロの状態から、対話を通じて単語や文法などのルールを学習し、やがて発話できるようになる。最終的には完全な言語理解ができ、会話だけでなく文書の検索や要約、高度な翻訳などができことを目指しています。

ページの先頭へ