HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル35

ネットジャーナル35

医療に貢献する工学技術で世界をリード
診断・治療の高度化を可能にする光と超音波

情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 
バイオエンジニアリング講座 人間情報工学研究室

写真:博士(工学)栗原 正仁 教授

准教授・工学博士 工藤 信樹

プロフィール

1982年、北海道大学工学部電子工学科卒。1987年、同大学院生体工学専攻修了。1987年、(株)東芝医用機器技術研究所。1995年、北海道大学工学部助手。以後、大学院工学研究科、同情報科学研究科を経て、2009年、情報科学研究科准教授に就任。研究分野は医用システム、医用生体工学。日本超音波医学会、日本生体医工学会、IEEE、電子情報通信学会、日本音響学会などに所属。

写真:博士(工学)栗原 正仁 教授

助教・博士(工学) 加藤 祐次

プロフィール

1989年、東北大学工学部通信工学科卒。1994年、同大学院工学研究科電気及通信工学専攻修了。1994年、同工学部助手。1995年より北海道大学工学部助手。2007年より同大学院情報科学研究科助教。研究分野は医用生体工学、応用光学など。日本生体医工学会、レーザー学会、電子情報通信学会、応用物理学会所属。

医療・医用分野で期待の高まる光と超音波の応用技術

――人間情報工学研究室ではどのような研究をおこなっているのですか。

博士(工学)加藤 助教工藤 生命人間情報学専攻ではゲノムや細胞・分子などバイオロジーの基礎から、医療で活用できる工学まで非常に幅広い分野を扱っていますが、私たちの研究室では一番出口に近いところ、研究成果を医学のために活かし、患者さんに役立つ技術の開発を担っています。

病院で使われている機器には診断に使われるものと治療に使われるものがあり、日本の医療機器産業の中でもCTやMRIといった診断分野では世界をリードする高い技術を持っています。近年は診断から治療へのシフトが起こっており、さらに診断と治療を融合した技術や機器の開発・高度化にも力を注いでいます。

加藤 その中でも当研究室で主に扱っているのは光と超音波です。光の医療への応用は比較的早いのですが、情報産業で光が使われるようになったことで光技術そのものが急速に進歩し、新しい光技術を医療に応用する研究開発も盛んに進められてきています。

工藤 超音波を使った診断技術も歴史が古く、1970〜1980年代から超音波診断装置が広く使われ、技術も成熟しています。私たちが取り組んでいるのは、それらの技術をもとにさらに高度な診断技術の開発と治療への応用です。

ページの先頭へ