HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル42

ネットジャーナル42

電磁界数値解析をベースに画期的な技術開発
国家プロジェクトから教育目的まで多彩な活動

写真:博士(工学)野口 聡 准教授

情報科学研究科 システム情報科学専攻
システム融合学講座  電磁工学研究室・准教授
博士(工学) 野口 聡

プロフィール

1994年3月早稲田大学理工学部電気工学科卒業。1996年3月早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。1997年4月から日本学術振興会特別研究員DC2、1998年5月からMassachusetts Institute of Technology、Visiting Scientist、1999年3月早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。1999年4月広島大学大学院工学研究科助手を経て、2004年4月より北海道大学大学院情報科学研究科准教授。IEEE(米国電気電子学会)、電気学会、低温工学・超電導学会、シミュレーション学会、日本AEM学会、ICS(International Compumag Society)所属。

 

電磁界数値解析をベースに多彩な分野へ

――先生の主な研究テーマとこれまでの経歴をお聞かせください。

野口 早稲田大学工学部電気工学科で学んでいた頃は超伝導の研究をしていました。その後、広島大学で電磁界数値解析の研究に携わり、幅広い分野での研究・開発に関わってきました。行く先々で培った知識や技術をベースに応用範囲を広げてきた感じです。ですから研究テーマも多岐にわたり、新しい電磁エネルギーシステムの開発や既存システムの高効率化、新型風力発電機の開発とそれに伴う電力システムの構築、サイクロン型加速器の設計・開発、磁気分離システムの設計・開発など、エネルギー分野から医療、電気機器開発まで非常に幅広くなっています。

近年、電磁界解析技術はコンピュータの進化とともに飛躍的な発展を遂げ、数多くの解析ソフトウェアが市販されています。しかし、対象物や研究内容によっては市販のものでは対応しきれず、独自の工夫が必要な場合もあります。私が携わっているプロジェクトもそのようなケースが多く、電磁界数値解析の高精度化・高速化、解析用自動メッシュ生成技術の開発、電磁界数値解析結果の可視化といった研究にもつながっています。

また、私の研究にはアナリシス(Analysis)とシンセシス(Synthesis)の技術が重要な役割を担っています。アナリシスとは電気機器などの設計において実体から機能や属性、性能を明らかにする作業を指します。シンセシスはその逆に、求められる機能・属性・性能からそれを実現する作業です。私が関わっているプロジェクトの多くは5〜10年後の将来を見すえた新しい技術の開発・創出を目指したものであり、基礎研究から各種パーツの設計・開発、最終的な製品化までを視野にいれた国家プロジェクト級の研究です。莫大な予算をかけて進められるプロジェクトであり、慎重かつ迅速に研究を行うには部分的・全体的なアナリシスとシンセシスを何度も繰り返すことが重要なのです。

ページの先頭へ