HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル54

ネットジャーナル54

海外での学びを経て研究に対する思いを育む
半導体スピントロニクスの分野で画期的な技術を提案

写真:

情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻
先端ナノエレクトロニクス講座  ナノエレクトロニクス研究室・准教授
博士(工学)  古賀 貴亮

プロフィール

1992年3月東京大学工学部卒。1994年4月ストックホルム王立工科大学大学院 工学研究科修士課程修了。 2000年4月 ハーバード大学大学院工学及び応用理学研究科博士課程修了。2000年4月博士(応用物理学)学位取得(ハーバード大学)。2000年5月より、NTT物性科学基礎研究所 リサーチアソシエイト、(独)科学技術振興機構さきがけ研究者を経て、2004年4月北海道大学大学院情報科学研究科准教授就任。

ハーバードとMITでの出会いから
熱電物性への研究に没頭

――これまでの経歴と研究内容についてお聞かせください。

古賀 学部生時代から「海外で学びたい」という思いが強く、大学院はストックホルム王立工科大学へ進学しました。博士課程はハーバード大学へ進み、そのうち3年半MITのミルドレッド・ドレッセルハウス教授の研究室で熱電材料の研究に従事しました。ハーバードとMITでは授業や博士論文研究の相互乗り入れが認められていたのです。当時、ドレッセルハウス先生は「カーボンナノチューブの女王」と呼ばれた権威で、ナノ材料研究で多大な功績を挙げている方です。日本の大学教育とは全く違う大胆でチャレンジングな研究方法は、その後の私の研究活動に大きく影響しました。残念なことにドレッセルハウス先生は2017年2月、86歳でお亡くなりになり、学会誌に追悼文を書かせていただきました。

当時の研究室は新しい分野を立ち上げていた時期でした。熱電材料は熱を電気に変える技術で、すでに1990年代に完成していますが、ナノテクノロジーを使った手法はまだ登場しておらず、ナノレベルでの熱電効果研究の黎明期にありました。

熱電物性への興味を掻き立ててくれたのは、私と入れ替わりに研究室を卒業されたヒックス博士の博士論文でした。当時はまだ世間に注目されている分野ではありませんでしたが、その論文は教科書に載っているような理論で展開されているにも関わらず、教科書に載っていない全く新しいことが書かれていたのです。あまりにも斬新だったので「本当なのか?」という疑問もありましたが、非常に興味深いと思ったので博士論文のテーマもこの分野に決めました。博士論文では超格子構造を用いた熱電物性最適化の手法を開発・実践し、「キャリアポケットエンジニアリング」と名付けました。この実績で1999年の国際熱電学会ではBest Paper Awardを受賞しました。

ページの先頭へ