HOME > 研究科ニュース

研究科ニュース

韓国海洋大學校・北海道大学第3回ジョイントワークショップが開催されました

去る7月20日(水)に,北海道大学函館キャンパス内の函館市産学官交流プラザにて“The 3rd Joint Workshop of Korea Maritime University and Hokkaido University(韓国海洋大學校・北海道大学第3回ジョイントワークショップ)”が,水産科学研究院の主催,情報科学研究科,工学研究院の共催で開催されました。韓国海洋大學校は,本研究科が責任部局となり,昨年6月に本学との間で大学間交流協定が締結された大学です。

海洋大學校側からは,工科大学学部長Il-Dong Choi教授をはじめ9名の教員が参加されました。本学からは,本研究科システム情報科学専攻の本間利久特任教授,金井理教授,田中文基准教授,複合情報学専攻の山本雅人准教授,メディアネットワーク専攻の吉澤真吾助教の5名に加え,工学研究院2名,水産科学研究院4名の教員を含む合計11名が参加しました。海洋大學校側からは基調講演として, Advanced IT & Ship Convergence Center所長のYung-Ho YU教授より“e-Navigation”プロジェクト(船舶内の電子機器と港湾管制用情報システムのネットワーク化)が紹介されました。これはIMO(国際海事機構)が進めているICT分野の国際プロジェクトで,海洋大學校はその有力メンバとして活動しており,本学の研究者の参加を歓迎するとのことでした。北大側からは,漁船用のe-Navigationシステムの規格提案は可能かなど,活発な討論がなされました。また,両大学の研究者間で共通性の高いテーマである,無線LAN,移動ロボット,数値流体シミュレーション,マイクロ伝熱等の発表が行われ,今後,共同研究が十分に可能であることを確認できました。

ワークショップ会場にて1   ワークショップ会場にて2
ワークショップ会場にて

ニュース一覧へ

ページの先頭へ