HOME > 研究科ニュース

研究科ニュース

「スマートスーツ・ライト」を用いた東日本大震災被災地復旧支援が経済産業省より表彰されました

システム情報科学専攻 田中孝之准教授と株式会社スマートサポート(札幌市)が共同開発した,筋力補助装置「スマートスーツ・ライト」を用いた東日本大震災地被災復旧支援の取り組みが,被災地域の復旧・復興に向け大きく貢献したとして,経済産業省より表彰されました。

田中准教授らは,宮城県石巻市大街道地区で生活復旧支援にあたるボランティアに,軽労化技術を用いた装着型筋力補助装置「スマートスーツ・ライト」を提供し,被災地で人力で行われている,がれき・ヘドロ等除去作業による負担を軽減しました。

スマートスーツ・ライトは,ロボット技術をベースとして設計,開発された,各種作業における腰部負担を軽減する軽労化スーツです。NEDO助成事業,JST産学イノベーション加速事業(S-イノベ,現名称:戦略的イノベーション創出推進プログラム)等で研究開発が進められています。

提供先は日環エンジニアリング株式会社(宮城県大崎市)です。同社では被災住宅にて瓦礫,残土除去などのボランティア活動を行っています。スマートスーツ・ライトを着用された方からは,腰が随分と楽になった,翌日の疲労が少ないと高い評価をいただき,継続して活用いただいているようです。

スマートスーツ・ライトを着用して作業を行うボランティア1   スマートスーツ・ライトを着用して作業を行うボランティア2
スマートスーツ・ライトを着用して作業を行うボランティア

ニュース一覧へ

ページの先頭へ