HOME > 研究科ニュース

研究科ニュース

北海道大学総合博物館 企画展示「フカシギの数え方」 会期延長のお知らせ

情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻 湊真一教授をはじめとするJST ERATO湊離散構造処理系プロジェクトの研究内容が、「フカシギの数え方」というタイトルで、7月6日(火)より本学総合博物館で展示されています。 当初は9月1日(日)までの開催予定でしたが、好評につき2014年4月6日(日)まで会期延長されることになりました。

展示場所や時間、内容の詳細については、博物館の広報ページ(こちらのページ)をご覧ください

本展示は、昨年、東京の日本科学未来館で展示され好評を博したもので、身近な問題を題材にして「組合せ爆発」のすごさと、最先端のアルゴリズム技術のワザを紹介しています。小学生から大人まで楽しめる内容ですので、どうぞご来場ください。

ニュース一覧へ

ページの先頭へ