HOME > 研究科ニュース

研究科ニュース

新しい大学院生の皆さんへ贈る言葉

情報科学研究科入学式

みなさま,ご入学おめでとうございます。

今年は,185名の新修士の学生さんと,49名の新博士後期課程の学生さんが入学しました。現在,我々情報科学研究科には,600名程度の学生が所属しておりますので,その一員として,皆様が加わったということで,大変喜んでおります。

我々の「大学院情報科学研究科」は2004年4月に創設されました。他の研究科(研究院)に比べますと,まだ新しい研究科です。10年たった今,2014年4月より,「情報理工学専攻」,「情報エレクトロニクス専攻」,「生命人間情報科学専攻」,「メディアネットワーク専攻」,「システム情報科学専攻」の5専攻へと再編されました。本研究科には教員として,96名の先生が所属しており,皆様の教育を担当します。

この他に,学内機関として,「量子集積エレクトロニクス研究センター」,「電子科学研究所」,「情報基盤センター」などが本研究科の教育・研究をサポートしてくれています。さらに,科学技術振興機構, 物質・材料研究機構,日本電信電話株式会社,エヌ・ティー・ティー・ドコモ,日立製作所,宇宙航空研究開発機構,産業技術総合研究所などの,政府系研究所,民間研究所との連携も持ちながら,教育・研究を進めています。

情報科学研究科入学式

先ほど5専攻の名前を言いましたが,その研究分野の広がりに気がついたでしょうか。本研究科が関連している分野は,ソフトウエアやハードウエアを含むコンピュータサイエンスの他,ナノテクノロジー,LSIシステム,ネットワーク工学,マルチメディア,遺伝子科学,生命科学,ロボット工学,社会システム,電気・電子工学などが含まれています。

研究分野が広いということは,ここにいるだけで,いろいろな分野の基本・基礎を学べるということです。しかし単に広いというだけではありません。皆さんから見た時,異なる分野の手法や方式を融合して,新しい技術を生み出すこととか,異分野の技術を融合して,新しいシステムを生み出すなど,多くの潜在的可能性を有している研究環境であると言えます。うまく活用し,ぜひ自分の夢を実現してみてください。例えば,先端ソフトウエアとナノテクノロジー,生命科学と情報システムの連携など,すでに本研究科は,そのような異分野連携研究を進めています。ぜひ,誰も考えたことのない,見たことのない新しいものを実現してみてください。

最後になりましたが,有意義な大学院での研究生活を楽しんでくれるよう,心から祈っております。

平成26年4月

情報科学研究科長 宮 永 喜 一

(本記事は,4月1日に挙行された情報科学研究科入学式での研究科長挨拶に基づき,新規に書き下ろしたものです。)

ニュース一覧へ

ページの先頭へ