HOME > 研究科ニュース

研究科ニュース

第132回八大学工学関連研究科長等会議 議事メモ

日 時:平成28年9月30日(金) 13:30~17:00
場 所:京王プラザホテル札幌 3F 雅の間
出席者:会員等71名(研究科長等、副研究科長等、運営委員、陪席)

1.報告事項
(1)前回議事録確認
第131回八大学工学関連研究科長等会議議事録(案)を確認の上、承認した。
(2)八大学工学系連合会の上半期活動報告
北村会長より連合会上半期の活動について報告がなされた。各委員により、春の会議で承認された提言のリリース、平成28年度第1回運営委員会の開催、文部科学省との意見交換会の実施、日英工学教育ワークショップの開催、研究産業・産業技術振興協会(JRIA)との意見交換会の実施、提言分科会の開催を行った旨報告された(詳細は、以下個別に報告がなされた)。
(3)文部科学省との意見交換会の実施報告
北村会長より、本年8月2日に文部科学省高等教育局専門教育課関係者と連合会の意見交換会を実施した旨報告がなされた。資料に基づき、理工系人材育成に関する産学官行動計画、および工学教育に関する問題意識について意見交換を行ったとの説明があった。
(4)研究産業・産業技術振興協会(JRIA)との意見交換会
北村会長より、本年9月12日にJRIAと連合会の意見交換会を実施した旨報告がなされた。資料に基づき、連合会より新しい産学連携スキームの構築に向けて話題提供を行うとともに、博士人材に関する意見交換を行ったとの説明があった。
(5)第4回日英工学教育ワークショップ実施報告
東工大 岸本 環境社会理工学院長より、本年8月5~8日に東京工業大学大岡山キャンパスにおいて、第4回日英工学教育ワークショップを実施した旨資料に基づき報告がなされた。日英の教員学生約60名が参加し、学生の発表とグループワーク、教員のディスカッション、富岡製糸場へのエクスカーションなどが実施された。次回は、2017年9月6~8日に英国グラスゴー大学で開催される予定。

2.協議事項
(1)JSTからのワークショップ参加依頼について
北村会長より、JSTの研究開発戦略センターから連合会に対して、本年11月25~26日に晴海グランドホテルにおいてエネルギー分野俯瞰ワークショップ「エネルギー基盤技術(工学)」を開催するため、オブザーバ等に研究科長あるいは適任者の参加依頼があった旨資料に基づき説明された。事務局から各大学へ適任者の推薦依頼を行うこととした。
(2)達成度調査の実施結果の活用について
北村会長より、達成度調査の実施に関する方針と実施状況の説明があった。つづいて、東京大学 佐久間 達成度調査分科会主査より、東大での各課程卒業・終了時の継続的な達成度調査の結果について資料に基づき説明がなされた。今回の結果の活用などについて今後も議論を進める予定である。
(3)平成28年度博士フォーラム実施計画について
幹事校である九州大学 松村 博士フォーラム分科会主査から、本年12月2日に九州大伊都キャンパスにて開催予定の博士フォーラム実施計画(案)について資料に基づき説明がなされた。九州大 高松工学研究院長から参加者派遣の依頼があり、交通費支援の合意についても説明された。九州大からの依頼票送付に対して、各大学で参加者をとりまとめ対応することとした。
(4)提言「海外人材獲得の大競争時代に向けて(仮)」について
京都大学 大津 提言分科会主査より、提言作成の考え方と素案について資料に基づき説明がなされた。意見交換後、会員からの意見を踏まえながら、本提言(案)に沿って引き続き提言作成作業を行っていくことになった。

3.講演会
(1)「高等教育を取り巻く最近の状況について」
文部科学省高等教育局 土生木茂雄 視学官
(2)「オープンイノベーションとその実践に向けて」
経済産業省産業技術環境局 渡邉政嘉 産業技術政策課長

4.今後の予定について
第133回八大学工学関連研究科長等会議は、幹事校である東京工業大学 岩附 工学院長より、来年4月21日(金)KKRホテル東京にて開催予定とのアナウンスがなされた。
第134回は、幹事校である九州大学 高松 工学研究院長より、来年9月29日(金)福岡ガーデンパレスにて開催予定とのアナウンスがなされた。

以上

(2016/10/25)

ニュース一覧へ

ページの先頭へ