language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

情報理工学コースの目指すもの

「コンピュータ」とは,もはやパソコンのことではありません.スマートフォンやウェブはもちろん,自動車や家電を知的に動かすメカニズム,医療や健康の分野で人を支援するシステム,社会の安全や福祉に貢献するロボット,エネルギーや環境を観測するセンサーなど,あらゆるものにコンピュータ技術が埋め込まれ,それらを通して新たな社会システムが形成され,さまざまな情報や知識が検索・統合・認識・学習・発見され,社会や経済の発展に活用されています.

本コースでは,そのような情報と知識を高度に取り扱うためのソフトウェア,人工知能,およびそれらの基礎となる数理科学や情報基盤に関して,理学と工学の手法を融合したアプローチにより,教育・研究開発を行います.複合情報工学,知識ソフトウェア科学,数理科学,及び大規模情報システム学の基礎から応用までを体系的に学び,様々な情報システムに関して科学的な理解に基づき工学的な問題解決を行うことのできる国際性のある人材を育成します.

情報理工学コース

どのような教育が行われているのですか?

情報理工学コースは,情報科学院の中でもっとも教員数が多いため,コンピュータサイエンス(CS)から情報技術(IT)にまたがる多数の科目を開講し,学生は自らの興味と志に基づき,自由に授業を選択することができます.たとえば,学術的普遍性のある数理科学を基礎として,あらゆる情報システムの基盤となるハードウェア・ソフトウェア・ネットワーク・情報メディアの先端技術の原理を理解するともに,情報や知識の検索・統合・認識・学習・発見の技術や,人と調和して自律的に行動するロボットなど,人工知能について学ぶことができます.

主要カリキュラム

大規模知識処理特論,知識ベース特論,情報知識ネットワーク特論,アルゴリズム特論,計算量と暗号理論特論,情報数理学特論,情報認識学特論,知能情報学特論,情報解析学特論,知能ソフトウェア特論, 自律系工学特論,調和系工学特論,ヒューマンコンピュータ インタラクション特論,ハイパフォーマンスコンピューティング特論,情報システム設計学特論, 先端ネットワーク特論,先端データ科学特論,応用代数学特論,応用幾何学特論

どのような研究が行われているのですか?

複雑・複合的な知的振る舞いを行う次世代ITを扱う『複合情報工学』,知識の検索・創出を支えるソフトウェアを扱う『知識ソフトウェア科学』,実世界のデータを数理的に分析・理解する基礎と応用を扱う『数理科学』,大規模データ処理のための情報基盤開発等を扱う『大規模情報システム学』などの分野で,新しい発想によるモデルや理論を構築したり,産業界や行政機関と連携して現実の問題を解決する技術開発を行っています.

リサーチフィールド

知能ソフトウェア,人工生命体システム,マルチエージェントシステム,人間・ロボティクスシステム,大規模計算機シミュレーション,情報システムアーキテクチャ,データマイニング,大規模情報ネットワーク,情報知識ネットワーク,ソフトウェア工学,知識発見,計算数理,パターン情報処理,情報数理基礎学,計算機アーキテクチャ工学,知識ベース,アルゴリズム,プログラム理論,計算基礎,確率解析学

どのような特色がありますか?

本コースには,複合情報工学分野,知識ソフトウェア科学分野,数理科学分野,大規模情報システム分野があります.

複合情報工学分野では,自然現象や社会・経済の動き,ロボットなど実世界の複雑システムを情報の観点から解析し,新しい情報科学技術を開拓する手法としての複合情報工学を展開しています.

知識ソフトウェア科学分野では,ネットワークを介した知識の流通と再利用を支える技術の開発と,ネットワーク上のデータを使いやすいように管理し,有益な知識を取り出すための理論・技術の開発に取り組んでいます.

数理科学分野では,計算機科学だけでなく自然科学,社会・人文科学などさまざまな分野での現象を解明し,理論的な基盤を提供するための研究を行っています.さらに,これらの方法論を駆使して,人間の感性や感情の解析,知的インタフェースの構築,大規模データから知識を発見するデータマイニングなど幅広い分野でも研究を行っています.

大規模情報システム分野では,次世代の複合情報システム学に関する実践的な教育研究を行い,大規模計算システムや先端的情報ネットワークシステムなどの設計・開発・構築・運用に関する研究を行っています.

複合情報工学分野

研究内容の紹介

ソフトウェア工学,人工知能,アニボット物理モデリング,複雑ネットワーク,情報システム設計,観光情報,人間・ロボット情報工学,情報統計力学

知識ソフトウェア科学分野

研究内容の紹介

知識処理,知識べース,機械学習,知識発見,データマイニング,巨大ネットワークからの情報獲得,ウェブセキュリティ,アルゴリズムの設計と解析,アルゴリズムの計算量,超分散自律計算モデル

数理科学分野

研究内容の紹介

数理解析,ソフトコンピューティング,信号処理,パターン認識,学習理論,人工知能,ヒューマンインタフェース,センシング,ユビキタス・ウェアラブルコンピューティング,データマイニング,統計情報論

情報基盤センター:大規模情報システム学分野

研究内容の紹介

クラウドコンピューティング,ハイパフォーマンスコンピューティング,システムソフトウェア,進化システム設計,コンピュータネットワーク,複合現実感,探索的データ解析,情報セキュリティ

理学研究院

数学部門:応用特異点論研究室

研究内容の紹介

特異点論,トポロジー,代数幾何学,微分幾何学,計算代数,代数統計,組合せ論,最尤幾何学

国際連携研究教育局(GI-CoRE)

Global Station for Big Data and Cybersecurity(GSB)University of Massachusetts Amherst (UMass) Unit

研究内容の紹介

人工知能,マルチエージェントシステム,プランニング,情報検索,情報組織化,情報の可視化,モバイルコンピューティング