国際ワークショップ「JSPS workshop on Japan-Sweden frontiers in spin and photon functionalities of semiconductor nanostructures」を主催しました。

8月30-31日 札幌定山渓グランドホテル瑞苑において、日本学術振興会の支援により国際ワークショップ「JSPS workshop on Japan-Sweden frontiers in spin and photon functionalities of semiconductor nanostructures」を主催しました。

このワークショップは、学術振興会 二国間国際交流事業による北海道大学 大学院情報科学研究科(研究代表者: 村山、共同研究者: 末岡教授)とスウェーデン リンショーピン大学 物理化学生物学科(研究代表者: Prof. Weimin Chen、共同研究者: Prof. Irina Buyanova)との二国間共同研究の一環として開催されました。また第1回は、昨年9月2-3日 STINT workshopとして、スウェーデンの美しいフィヨルドを望むVildmarkshotellet in Kolmårdenにおいて開催されています。

今回は、スウェーデンから両先生に加えて研究者と博士学生の皆さん計7名が来日参加され、日本側を含めた参加者の総数は31名を数えました。

下記のプログラムによる口頭発表が行われ、両研究グループの共同研究の成果にもとづく議論に加えて、愛媛大理工 石川先生、東北大WPI 肥後先生、北見工大 木場先生をお招きして、今後のさらなる国際共同研究についてオープンな意見交換を行いました。

 

また、初日は皆で定山渓温泉の素晴らしい天然の湯を楽しみました。その後の夕食とさらに引き続くいくつものspontaneous懇親会で、両国の参加者の皆さんはおおいに懇親を深めたことと思います(一部の懇親は午前2時頃まで続いたようです)。

次の日は、UNESCO global geoparkである洞爺湖と昭和新山に学術研修バスツアーを行いました。台風通過直後で天気が心配されましたが、午後にはすっきりと北海道らしい夏の青空が広がり、台風による倒木で通行止めになっていた道路も無事開通して、活火山のないスウェーデンの皆さん待望の煙たなびく昭和新山や素晴らしい洞爺湖カルデラのパノラマ風景などをおおいに楽しむことができました。

最後に、この国際共同研究のさらなる発展を願いつつ、来年の再会を約束してお別れしました。

 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7

 

研究発表プログラム

Session 1: Quantum nanostructures and spin-related phenomena

Optical spin-functional electronics utilizing semiconductor quantum dots; toward stable room-temperature operation
Akihiro Murayama1, Shula Chen2, Junichi Takayama1, Kazuhisa Sueoka1
1Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University
2Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University

GaAs Quantum Nanodisks Light Emitting Diode Fabricated by Nanoscale Dry Process and MOVPE Regrowth (Invited)
Akio Higo1, T. Kiba2, C. Thomas3, J. Takayama4, M. Sugiyama5, Y. Nakano5, A. Murayama4, S. Samukawa1,3
1WPI-AIMR, Tohoku University, 2Kitami Institute of Technology, 3IFS, Tohoku University, 4Hokkaido University, 5The University of Tokyo

Top-down Fabrication and Optical Properties of InGaN/GaN Nanodisks using Bio-Template and Neutral Beam Etching (Invited)
Takayuki Kiba1, A. Higo2, S.L. Chen3, Y. Chen3, Y.C. Lai2,4, T. Cedric5, C.Y. Lee5, T. Tanikawa6, J. Takayama3, S. Samukawa2,5, A. Murayama3
1Kitami Institute of Technology, 2WPI-AIMR, Tohoku Univ., 3Hokkaido Univ.,
4National Chiao Tung University, 5IFS, Tohoku Univ., 6IMR, Tohoku Univ.

Anisotropic nuclear quadrupole effect on dynamic nuclear polarization (DNP) in self-assembled InAs/GaAs quantum dot structures
Y.Q. Huang, Y. Puttisong, I.A. Buyanova, W.M. Chen
Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University

Spin-dependent processes in organic photo-voltaic: Role of interfacial charge transfer states
Y. Puttisong, F. Gao, Y. Xia, A. Cruse, I.A. Buyanova, O. Inganäs, W.M. Chen
Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University

 

Session 2: Nanowires and atom-scale properties

Additional GaAs related nanowires (Invited)
Fumitaro Ishikawa, Graduate School of Science and Engineering, Ehime University

Optically pumped lasing from a single GaAs/GaAsN core/shell nanowire
Shula Chen1, Mattias Jansson1, Fumitaro Ishikawa2, Weimin Chen1, Irina Buyanova1
1Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University
2Graduate School of Science and Engineering, Ehime University

Quantum dot-like Emitters in GaAs/GaNAs Core/Shell Nanowires
Mattias Jansson1, Weimin M. Chen1, Fumitaro Ishikawa2, Irina A. Buyanova1
1Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University
2Graduate School of Science and Engineering, Ehime Univeristy

Defects in ZnO nanowires
Jan E. Stehr, Weimin M. Chen, Irina A. Buyanova
Department of Physics, Chemistry and Biology, IFM, Linköping University

Scanning tunneling microscopy/spectroscopy study of magnetite film surface:
Effect of hydrogen atoms on the surface structural and electronic properties
Satoshi Hiura, Masafumi Jochi, Agus Subagyo, Kazuhisa Sueoka
Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University


共同研究を行っている東北大学 寒川先生、台湾國立交通大學 李先生による、情報科学研究科講演会を開催しました。

7月21日に、共同研究を行っている東北大学 寒川先生、台湾國立交通大學 李先生による、情報科学研究科講演会を以下のように開催しました。
東北大学 流体科学研究所
寒川 誠二 教授
「中性粒子ビームプロセスによる原子層エッチング、表面改質、堆積技術とナノデバイス開発」

台湾國立交通大學 National Chiao Tung University
Prof. Yming Li
“Miniband Formulation in Ge/Si Quantum Dot Array”
将来のエレクトロニクスの発展に必要不可欠な最先端のナノ材料やナノ構造作製技術に関して、寒川先生からは原子レベルで無損傷のナノエッチング技術(先生が独自に開発された中性粒子ビームエッチング)とデバイス応用に関する総合講演、李先生からは太陽電池への応用で注目されるSi量子ドットの電子状態に関する研究紹介を行っていただきました。
当日は50名を越える学生の皆さんが熱心に聴講し、特に寒川先生は普段の講義形式で一人ひとりに問いかけて下さり学生の皆さんの受け答えや質問を引き出していただくなど、たいへん有意義で活発な講演会となりました。

DSC_0341
DSC_0349
DSC_0334
DSC_0348

科研費基盤研究(S)「量子ドットによる光電スピン情報変換基盤の構築」が採択されました。

2016-2020年度科研費基盤研究(S)「量子ドットによる光電スピン情報変換基盤の構築」(研究代表者:村山、研究分担者:北大情報 末岡教授、東北大流体研 寒川教授)が採択されました。
これは、2010-2014年度科研費基盤研究(S)「量子ドットスピンレーザー」(研究代表者:村山、研究分担者:末岡教授)の研究成果をもとに、2009-2014年度JST-CREST「バイオテンプレート極限加工による3次元量子構造の制御と新機能発現」(研究代表者:寒川教授、主たる共同研究者:村山)の研究成果も踏まえて構想した研究です。
半導体量子ドットの持つ優れた光学特性と超低消費エネルギー光電変換性能をベースにして、金属スピントロニクス電子回路の電子スピン情報を円偏光情報に変換する機能を研究し、室温で動作可能な新しい光電スピン融合情報システムへと発展させる技術基盤の構築を目指しています。これから5年間、研究室として総力を挙げて頑張って行きます。