language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

巻口誉宗さん(修士1年), 井上純一准教授がThe Korean Institute of Intelligent Systems and Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent InformaticsのSCIS & ISIS 2010 Best Presentation Paper Awardを受賞しました。

受賞日
 2010年12月11日
氏名 学年/
職名
 巻口 誉宗 修士1年   井上 純一 准教授
所属
 情報科学研究科 複合情報学専攻 複雑系工学講座 混沌系工学研究室
授与団体
 The Korean Institute of Intelligent Systems and Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
賞名
 SCIS & ISIS 2010 Best Presentation Paper Award
受賞論文名,研究題目名または受賞理由
「Anisotropy Measurement in Artificial Flockings: How Does One Design the Optimal BOIDS by Evolutionary Computation? (群知能シミュレーションにおける異方性指標の測定:進化計算は最適BOIDSをデザインできるか?) 」

受賞一覧へ
過去の受賞(「広報」ホームページ)