language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

ダンコヴ・スヴェトスラヴさん(博士3年),ジェプカ ラファウ助教,荒木健治教授が12th Conference of the Pacific Association for Computational LinguisticsのBest Paper Award (Poster Session)を受賞しました。

受賞日
 2011年7月21日
氏名 職名/学年
 ダンコヴ・スヴェトスラヴ 博士3年   ジェプカ ラファウ 助教 荒木健治 教授
所属
 情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 情報メディア学講座 言語メディア学研究室
授与団体
 12th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics
賞名
 Best Paper Award (Poster Session)
受賞論文名,研究題目名または受賞理由
「UIAR Common Sense: an augmented reality framework for creating games to collect common sense from users(UIARコモンセンス:ユーザの常識的知識抽出のためのゲーム作成用拡張現実フレームワーク)」

受賞一覧へ
過去の受賞(「広報」ホームページ)