language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

本田佑輔さん(修士2年), 平田進之佑さん(修士2年(研究時)), 劉 宏喜さん(博士3年), 松田健一助教, 植村哲也准教授, 山本眞史教授が56th Annual Conference on Magnetism & Magnetic MaterialsのBest Poster Awardを受賞しました。

受賞日
 2011年11月2日
氏名 職名/
学年
 本田 佑輔 修士2年   平田 進之佑 修士2年(研究時)
劉 宏喜 博士3年 松田 健一 助教   植村 哲也 准教授    山本 眞史 教授
所属
 大学院情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 先端エレクトロニクス講座 ナノ電子デバイス学研究室
授与団体
 56th Annual Conference on Magnetism & Magnetic Materials
賞名
 Best Poster Award
受賞論文名,研究題目名または受賞理由
「Almost identical oscillations in tunneling resistances as a function of barrier thickness for parallel and antiparallel configurations in fully epitaxial magnetic tunnel junctions with a MgO barrier (MgO バリアを用いたエピタキシャルMTJのトンネル抵抗におけるMgO バリア膜厚に対する磁化平行と反平行に共通する振動)」

受賞一覧へ
過去の受賞(「広報」ホームページ)