language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

情報科学研究科 高橋泰伽さん(修士2年),根本知己教授が12th International Symposium of Nanomedicine(ISNM2018)のThe Best Poster Awardを受賞しました。

受賞日
 2018年12月6日
氏名 職名/学年
 高橋 泰伽 修士2年  根本 知己 教授
所属
 情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 先端生命機能工学講座 脳機能工学研究室
授与団体
 12th International Symposium of Nanomedicine(ISNM2018)
賞名
 The Best Poster Award
受賞論文名,研究題目名または受賞理由
「Novel fluoropolymer nanosheets “PEO-CYTOP” improving open skull window for in vivo imaging of living mouse brain (新奇的なフッ素ポリマー性ナノシートはマウス生体脳イメージングのためのオープンスカル法を改善する)」
問い合わせ先
 Tel 011-706-9368, E-mail tn[a]es.hokudai.ac.jp (根本知己)

受賞一覧へ
過去の受賞(「広報」ホームページ)