教授 平田 拓

ひらた ひろし

博士(工学)(計測工学、電子常磁性共鳴分光&イメージング)

 

 

 

 

オフィス 情報科学研究科M棟 M-207号室
電話 & Fax (011) 706-6762
電子メール hhirata *at* ist *dot* hokudai *dot* ac *dot* jp(*at*は「@」で、*dot*は「.」で置き換えてください)

経歴

1993年 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程(電子システム専攻)修了、博士(工学)「進行波型超音波モータの設計に関する研究」東京工業大学(1993年3月)
1990年 山形大学大学院工学研究科修士課程(電気工学専攻)修了
1988年 東北工業大学通信工学科卒業


2003年 電子スピンサイエンス学会奨励賞


2008年10月〜現在 北海道大学・教授(大学院情報科学研究科・生命人間情報科学専攻)
2007年4月〜2008年9月 山形大学・教授(大学院理工学研究科・電気電子工学専攻)
1996年4月〜2007年3月 山形大学・助教授(工学部・電気電子工学科)
1993年4月〜1996年3月 山形大学・助手(工学部・電子情報工学科)

2015年3月 ポーランド共和国, Jagiellonian University, Faculty of Biochemistry, Biophysics and Biotechnology, Visiting Professor
2006年9月 アメリカ合衆国オハイオ州, The Ohio State University, Davis Heart and Lung Research Institute, Visiting Scholar
2000年5月〜2016年 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州, Geisel School of Medicine at Dartmouth, Adjunct Assistant Professor of Radiology (Department of Radiology)
1999年4月〜2000年3月 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州, Geisel School of Medicine at Dartmouth, Research Associate (Department of Radiology, EPR Center for the Study of Viable Systems)

2003年6月〜2005年7月 文部科学省研究振興局・学術調査官(科学研究費補助金担当)

リサーチインタレスト

電子常磁性共鳴(EPR)スペクトロスコピー&イメージング法および計測技術について研究しています。

研究の長期的ゴールは、バイオメディカル研究のためのEPRスペクトロスコピーおよびイメージング法の新しいテクノロジーを開発し、生物医学研究に計測工学の分野から貢献することです。マウスやラット等の小動物を対象とした EPRスペクトロスコピーは、生物医学分野の研究に効果的に利用されているます。例えば、がん、脳、組織内の酸素移送、被曝放射線量計測、毒性などの研究などがあげられます。実験小動物を対象とするEPRスペクトロスコピーでは、感度の改善、実験動物による擾乱を抑える計測システム、生体組織において電磁波の浸透が制限される問題の回避、簡便な操作性の実現、が重要な技術的課題です。また、フリーラジカル分子を動物の体内で可視化するEPRイメージングでは、解像度の改善、計測時間の短縮、他のモダリティー(例えばMRI)との融合、生体内の機能的情報(例えば、酸素分圧やpH)を可視化するイメージングが、重要な計測技術における課題です。

所属学会

International Society for Magnetic Resonance in Medicine
International EPR (ESR) Society
電子スピンサイエンス学会
電子情報通信学会
2008年〜2009年 電子スピンサイエンス学会理事
1997年〜1999年 電子情報通信学会東北支部評議員


これまで原稿をレビューした主なジャーナル

Journal of Magnetic Resonance
Magnetic Resonance in Medicine
NMR in Biomedicine
Review of Scientific Instruments
Applied Magnetic Resonance
Magnetic Resonance Imaging
Radiotherapy and Oncology
Medical Physics
Health Physics
IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics
IEEE Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics, and Frequency Control

これまでに申請書をレビューした研究助成

全米科学財団(National Science Foundation)
日本学術振興会
NEDO技術開発機構

担当講義 2018年度

  • バイオイメージング特論(大学院・生命人間情報科学専攻)*
  • バイオエンジニアリング特論(大学院・生命人間情報科学専攻)*
  • 電気回路(情報エレクトロニクス学科2年生)
  • 電磁気学(情報エレクトロニクス学科2年生)
  • 情報エレクトロニクス演習(電気回路、情報エレクトロニクス学科2年生)
*は分担

最近発表した論文

  1. R. Nakaoka, D. A. Komarov, S. Matsumoto, and H. Hirata. Impact of the characteristic impedance of coaxial lines on the sensitivity of a 750-MHz electronically tunable EPR resonator. Applied Magnetic Resonance (2018). DOI: 10.1007/s00723-018-1001-6, published online 31 March 2018. http://doi.org/10.1007/s00723-018-1001-6
  2. H. Sato-Akaba, M. C. Emoto, H. Hirata, and H. G. Fujii, Design and testing of a 750 MHz CW-EPR digital console for small animal imaging, Journal of Magnetic Resonance, Vol. 284, pp. 48-58 (2017). DOI: 10.1016/j.jmr.2017.09.008, published online 20 September 2017. http://dx.doi.org/10.1016/j.jmr.2017.09.008
  3. T. Amida, R. Nakaoka, D. A. Komarov, K. Yamamoto, O. Inanami, S. Matsumoto, and H. Hirata, A 750-MHz electronically tunable resonator using microstrip line couplers for electron paramagnetic resonance imaging of a mouse tumor-bearing leg, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol. 65, No. 5, pp. 1124-1132 (2018). DOI: 10.1109/TBME.2017.2743232, published online 23 August 2017. http://dx.doi.org/10.1109/TBME.2017.2743232
  4. M. Umakoshi, I. Yamaguchi, H. Hirata, N. Kunugita, B. B. Williams, H. M. Swartz, and M. Miyake, In vivo electron paramagnetic resonance tooth dosimetry: Dependence of radiation-induced signal amplitude on the enamel thickness and surface area of ex vivo human teeth, Health Physics, Vol. 113, No. 4, pp. 262-270 (2017). DOI: 10.1097/HP.0000000000000698, published online 7 August 2017. http://dx.doi.org/10.1097/HP.0000000000000698
  5. D. A. Komarov and H. Hirata, Fast backprojection-based reconstruction of spectral-spatial EPR images from projections with the constant sweep of a magnetic field, Journal of Magnetic Resonance, Vol. 281, pp. 44-50 (2017), DOI: 10.1016/j.jmr.2017.05.005, published online 17 May 2017. http://dx.doi.org/10.1016/j.jmr.2017.05.005
  6. H. Kubota, D. A. Komarov, H. Yasui, S. Matsumoto, O. Inanami, I. A. Kirilyuk, V. V. Khramtsov, and H. Hirata, Feasibility of in vivo three-dimensional T2* mapping using dicarboxy-PROXYL and CW-EPR-based single-point imaging, Magnetic Resonance Materials in Physics, Biology and Medicine, Vol. 30, No. 3, pp. 291-298 (2017), DOI: 10.1007/s10334-016-0606-8, published online 6 January 2017. http://dx.doi.org/10.1007/s10334-016-0606-8

全ての論文リスト (HTML)
全ての論文リスト (PDF)
業績調書(2013年から現在まで)
業績調書(〜2012年まで)
論文の被引用回数