HOME > 研究科について > 歴史・沿革

歴史・沿革

実学と未知への開拓精神

歴史・沿革

明治初頭,北海道の開拓は,日本の近代国家の成立に不可欠の課題だった。その北海道開拓のための人材育成を目的として設立されたのが,札幌農学校,のちの北海道大学である。

札幌農学校では,クラーク博士を始め,ホイーラーなど,米国人教師たちがそれまでの日本の教育法に対し,自然観察と科学的研究精神に基づく,新しい学問の方法を導入した。彼らは,教師であると同時に優秀な技術者でもあり,その実学と,フロンティア精神の教えを受けた学生のなかから,近代日本の社会,技術,学問を担う人材が輩出したのだった。

自由な思想,実験的精神,フィールドワークを重視した実証主義など,北海道大学の学問の伝統と精神は,ここに形づくられるのである。

北海道における電気・電子工学の誕生

歴史・沿革

北海道大学に工学(Engineering)分野が生まれたのは,1887年(明治20),札幌農学校工学科に始まる。その開設にあたったのが橋梁工学の世界的権威である広井勇(札幌農学校2期生)であり,工学科1期生には,現代に通ずる治水思想を確立した岡崎文吉がいた。しかしこの工学科は10年で廃止となり,その後1924年(大正13)に北海道帝国大学に工学部が設置され,電気機械学の講座が設置される。

現在の情報科学研究科へとつながる礎が誕生するのは,戦後新制の大学院の設置によってである。

工学研究科のなかに電気工学専攻が置かれ,その後1962年(昭和37)には精密工学専攻,1964年(昭和39)には電子工学専攻が設置。また戦前に作られた超短波研究所が,応用電気研究所(現在の電子科学研究所)に改組されるなど,電気・電子工学に関する研究・教育の体制が整い,日本の情報技術を第一線で担う多くの人材を輩出していったのである。

情報エレクトロニクスの進化とともに

歴史・沿革

戦後のコンピュータの進化のなかで,日本の電子工学は大きく飛躍していく。

全国7大学(旧帝大)に大型計算機センターが置かれるが,北海道大学においても,1970年に大型計算機センターが設置され,FACOM 230-60システムを導入。この大型計算センターを結んだネットワークは,のちに日本のインターネットのバックボーンとなっていくが,北海道大学がそこで果たした役割は少なくない。

また70年代には情報工学専攻,生体工学専攻の二つの専攻が新設され,情報科学系は,5専攻体制となった。

60~70年代の比較的ゆるやかな情報化の進展に対し,80年代以降の急速な情報革命は,大学の研究内容や体制にも様々な影響を与え,とりわけ90年代以降のIT革命と大学改革の動きの中で,情報系の再編も進められていく。

教育・研究体制では,1995年(平成7)の大学院重点化により,これまでの専攻をシステム情報工学専攻と電子情報工学専攻に再編。2001年には,量子集積エレクトロニクス研究センターが設置された。また2003年には,大型計算センターと情報メディア教育研究総合センターが統合して,情報基盤センター設置される。さらに急速な情報化社会の進化に対し,2004年(平成16)には工学研究科に属していた情報科学系の専攻を廃止し,新たな大学院として情報科学研究科が設立された。

歴史・沿革

情報化社会の基盤を形成する科学・技術―その不断の革新を担う研究と人材の育成を担う情報科学研究科の存在は,自由な思想と実験的精神によってフロンティアを切り拓いていった,北海道大学の学問風土の上に成立しているのである。

ページの先頭へ