HOME > 教育活動・学務情報 > 奨学金のお知らせ(日本学生支援機構)

日本学生支援機構奨学金のお知らせ

平成29年度日本学生支援機構奨学金(在学採用)奨学生の募集について

平成29年度大学院(修士・博士後期課程)の奨学金在学採用の募集を行います。応募希望者は下記に従い奨学金案内一式を受け取り,申請書類を期限までに提出して下さい。
なお,予約採用候補者決定通知を受け取った方は,今回申請する必要はありません。予約採用で不採用だった方,第二種(予約)から第一種への移行希望者,併用貸与希望者も応募できます。

【対象者】
情報科学研究科修士課程及び博士後期課程の学生(学年問わず,平成29年4月入学予定者含む)

【奨学金案内の配布期間・配布場所】
平成29年3月24日(金)~3月31日(金)
情報科学研究科事務課 教務担当

【申請書類提出期間・提出先】
平成29年4月3日(月)~4月6日(木)
情報科学研究科事務課 教務担当

※申請書類を提出後にウェブ上での申し込みをしていただきます。ウェブ上での入力に必要な個人のID・パスワードは,申請書類提出時にお知らせします。

※期限までに準備できない書類がある場合は,それ以外の書類を必ず期限までに提出し,不足書類がある旨を窓口に申し出てください。

※指導教員推薦所見の様式は近日中に本ページに掲載します。

掲載日:平成29年3月24日

平成29年度 日本学生支援機構大学院予約採用候補者の決定について

平成29年度大学院入学予定者を対象に実施した奨学金の募集(予約採用)について,採用候補者が決定しましたので,情報科学研究科奨学金関係掲示板にて確認してください。採用候補者には,「採用候補者決定通知」等を配付しますので,情報科学研究科事務課教務担当まで取りに来てください。なお,内部進学者(本学工学部・情報科学研究科に在学中の学生)以外の申請者に対しては,申請結果および関係書類を郵送いたします。

【留意点】
・今回採用されなかった学生は,4月の定期(在学)採用に応募することができます。3月に送付する入学手続関係書類および掲示・ウェブサイトで案内します。
・大学院への入学または奨学生となることを辞退する場合は,「辞退届」を提出する必要がありますので,速やかに窓口へ申し出てください。
・工学院進学者は工学院掲示板を参照してください。
・この件に限らず,日本学生支援機構奨学金に関することは,情報科学研究科棟1階奨学金関係掲示板及び本ウェブサイトを通じて行うので見落としのないよう気をつけてください。

掲載日:平成29年1月19日

平成28年度 特に優れた業績による返還免除の申請について

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生で,在学中に特に優れた業績をあげた者として認められた場合には,貸与期間終了時に,奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度があります。

申請を希望する者は,下記により申請して下さい。なお,返還免除が認定された者に対しては,平成29年6月中旬に日本学生支援機構より直接通知されます(認定されなかった場合は,通知はなく,指定の時期に返還が始まります)。

【対象者】
平成28年度中に貸与を終了する者(満期者・辞退者・退学者等)
(必ずしも課程修了は要件としませんが,貸与終了時の在学している課程で特に優れた成績を挙げたことが必要です。)
※注意:年度内(平成29年3月まで)に奨学金の辞退を予定していて,返還免除を希望する学生は,申請書類提出と同時に異動願を提出して下さい(用紙は窓口に請求すること)。継続願入力にて「継続を希望しない」と入力した学生も提出が必要です。

【配付書類】(以下からダウンロードしてください。)
 1.特に優れた業績による返還免除の申請について (PDF)
 2.返還免除申請の留意点 (PDF)
 3.特に優れた業績の評価項目一覧 (PDF)
 4.業績を証明する資料の提出方法 (PDF)
 5.業績優秀者返還免除申請書(様式1-1,1-2) (EXCEL)
 6.資料の見出し(別紙2) (EXCEL)
 7.(記入例)申請書(様式1-1,1-2) (PDF)
 8.(記入例)資料の見出し(別紙2) (PDF)

【提出方法】
以下について,正本1部・副本(コピー)2部を情報科学研究科事務課教務担当に平成29年2月10日(金)までに提出すること。詳細は,配布資料1「特に優れた業績による返還免除の申請について」,2「返還免除申請の留意点」を参照すること。
 1.業績優秀者返還免除申請書(様式1-1,1-2)
 2.資料の見出し(別紙2)・業績を証明する資料

掲載日:平成29年1月17日

平成28年度 日本学生支援機構奨学生奨学金の継続願(適格認定)について

現在奨学金の貸与を受けている学生で,来年度も引き続き奨学金の貸与を希望する学生は, スカラネット・パーソナル(インターネット)上で「継続願」の提出(入力)が必要です。 奨学生個人宛の封書を1月4日(水)に所属研究室宛にお送りしますので,受領・確認の上下記の期間内に必ず提出(入力)してください。なお,スカラネット・パーソナル未登録の学生は,事前に手続きを行ってください。

スカラネット・パーソナル登録サイト

【対象学生】
情報科学研究科修士1年,博士1年・2年
(今年度で奨学金の貸与が終了する最終年次の学生は対象外です。)

【提出(入力)期間】
平成28年12月19日(月)~平成29年2月6日(月)(厳守)

【注意点】
・未提出者は,奨学金を必要としないとみなされ,奨学金が「廃止」されます。
・奨学金の継続を希望しない方も入力が必要です。

掲載日:平成28年12月26日

平成29年3月満期者の手続きについて

平成29年3月に満期となり貸与が終了する予定の学生(M2, D3)を対象に,返還に関する書類を10月に配布いたしました。リレー口座加入申込書預貯金者控(コピー)の提出締切は12月16日(金)となっていますので,未提出の方は期限までに手続の上,提出をお願いいたします。

掲載日:平成28年12月5日

博士後期課程奨学生採用決定時における返還免除内定制度の非導入について

日本学生支援機構奨学生を対象とした「特に優れた業績による返還免除制度」について,日本学生支援機構では,平成27年度から制度の改善・充実を図り,博士課程の入試結果等が優秀であった者に対し,博士課程に進学し奨学生として採用される段階で第一種奨学金の返還免除を内定できる方式を新たに導入しました。

北海道大学においては,これまで本方式を導入していませんが,平成29年度についてもこの採用時返還免除制度及び予約時返還免除制度を導入しないこと,また,返還免除制度に大きな変更が無い限り,これまで同様,奨学金貸与期間終了年度にあって「特に優れた業績」をあげた者のみを返還免除候補者として選考・推薦することが決定しましたのでお知らせします。

掲載日:平成28年11月15日

 
平成29年度日本学生支援機構奨学金(予約採用)案内の配布について

夏の入試に合格された方を対象に,平成29年度日本学生支援機構奨学金(予約採用)のご案内を配布しています。平成29年4月情報科学研究科入学時から奨学金の貸与を受けたい学生は,9月26日(月)までに情報科学研究科事務課教務担当まで奨学金案内を取りに来てください。

申請書類提出期限:平成28年10月7日(金)

掲載日:平成28年9月2日

 
平成28年度日本学生支援機構第二種奨学金(臨時採用)について

日本学生支援機構より臨時採用の案内がありました(第二種のみ,第一種の募集はありません)。情報科学研究科の学生(第一種貸与中の学生も可)で,第二種の貸与を希望する方は,10月5日(水)【厳守】までに情報科学研究科事務課教務担当へ申し出てください。書類提出期日等は希望者に追ってお知らせします。詳細は掲示板でご確認ください。

掲載日:平成28年9月2日

 
問い合わせ

〒060-0814 札幌市北区北14条西9丁目
北海道大学工学系事務部情報科学研究科事務課 教務担当
TEL 011-706-7276

 

ページの先頭へ