HOME > 専攻・講座について > 情報エレクトロニクス専攻

情報エレクトロニクス専攻

写真:情報エレクトロニクス専攻

情報エレクトロニクス専攻の目指すもの

インターネットやスマートフォンといった情報科学技術の進歩は,新しい材料やデバイスの開発などハードウェア技術の革新によって支えられてきました。本専攻では,こうした次世代の情報処理システムに求められる新しい材料・構造・原理に基づく新概念デバイスの研究と,デバイスの本質を取り込んだ回路・システムアーキテクチャの研究を総合的・融合的に行っています。

専攻制作ウェブサイト

専攻教員一覧

どのような研究が行われているのですか?

次世代に向けた情報通信処理システムの基盤となる革新的なハードウェア技術の創出と開拓に取り組んでいます。材料,デバイス,回路・システムアーキテクチャ,光・テラヘルツネットワークシステムにわたる総合的な研究開発,ナノ構造・ナノ材料などの新しい物質群の創成,量子現象を活用する新しい電子・光デバイスの開拓,各種デバイスによる機能的な電子・光回路と集積システムの開発,次世代システム構築に向けた情報処理アーキテクチャや論理設計を見据えたハードウェアの開拓などがおもな研究分野です。

主な研究分野

固体物性学,光電子物性学,量子物性学,集積プロセス学,電子材料学,電子デバイス学,光デバイス学,機能デバイス学,量子デバイス学,集積システム学,光情報システム学,システムLSI学,ディジタル通信システム,量子情報科学

それぞれの講座にはどのような特色がありますか?

本専攻には3つの講座があります。集積システム講座では,新しい集積ハードウェアと応用システムに関する総合的な研究をおこなっています。先端エレクトロニクス講座は,新しい原理に基づく電子・光デバイスの創出と,回路・システムへの応用技術に関わる研究に取り組んでいます。量子情報エレクトロニクス講座は,量子集積エレクトロニクス研究センター・電子科学研究所に所属する研究室で構成され,量子力学を原理とする新しい量子情報エレクトロニクスの創出を目指します。

研究内容の紹介

集積システム講座
  • ・ 知能的な新しいLSIの設計開発
  • ・ ハードウェアとソフトウェアの境界をまたぐ未来指向LSIシステムの開拓
  • ・ 半導体ナノワイヤを用いた高性能電子・光デバイスの開発
  • ・ 半導体ナノ構造やプラズマ理工学、バイオ工学を用いた電子材料の創製とレーザへの応用
先端エレクトロニクス講座
  • ・ 電子スピンを利用した新しい情報通信エレクトロニクス素子の研究
  • ・ 原子・スピン分解能を有する計測技術および新機能センサ・デバイスの創成
  • ・ 光の量子性やコヒーレンスを利用した新しい光情報処理・光通信技術
  • ・ 金属や半導体のナノドット間の電子1個の移動を制御した超低電力トランジスタ
量子情報エレクトロニクス講座(協力講座)
  • ・ 半導体量子ナノ構造を利用した光・電子デバイスの革新的高性能化
  • ・ 強磁性体/半導体界面の制御とスピン注入トランジスタへの応用
  • ・ 超高速デバイス・人工超材料などを融合したワイヤレス通信・光通信システムの研究
  • ・ 光の量子性・波動性を活用した究極の光情報処理・光計測制御技術
  • ・ 電子・光子を制御するためのナノテク技術と量子情報通信への応用

どのような教育が行われているのですか?

本専攻は,次世代デバイス技術と回路・システムアーキテクチャ技術に関わる最先端の研究と教育を総合的・融合的に実践・推進していることが大きな特長です。先端の学術研究を基盤としつつ,エレクトロニクスのための材料・プロセス技術・デバイス技術・電子回路技術・情報処理技術・情報通信技術にわたる幅広く高度な知識・研究能力が身につくような教育課程を用意し,修士論文研究・博士論文研究に対する教員のサポートも万全です。このようなきめ細かく多岐にわたる研究・教育活動を通じて,柔軟な発想と実行力に優れ,新しい科学技術を創り出し,研究開発や産業の推進を主導できるような人材を育成しています。

主要カリキュラム

固体物性学特論,光電子物性学特論,量子物性学特論,電子デバイス学特論,光デバイス学特論,機能デバイス学特論,量子デバイス学特論,集積プロセス学特論,電子材料学特論,集積システム学特論,光情報システム学特論,システムLSI学特論,ディジタル通信システム特論

ページの先頭へ