HOME > 専攻・講座について > システム情報科学専攻

システム情報科学専攻

写真:システム情報科学専攻

システム情報科学専攻の目指すもの

システム情報科学とは,ひと言で言えば,システムを実現するための情報科学技術の体系です。具体的には,電気・電子・制御・情報・機械などの学問分野における要素技術を,システムという統合的な対象を設計するために組み合わせて用いる学術分野です。本専攻は,そのための基礎研究・応用研究を精力的に進め,電気,情報科学,システム科学を融合した新しい独自のシステム構築技術の創造を目指しています。

専攻制作ウェブサイト

専攻教員一覧

どのような研究が行われているのですか?

システム情報理論を研究・教育の共通の基盤とし,デザイン・モデリング・プランニング・シミュレーション・コントロール・センシングなどのシステム手法を駆使して,社会基盤を形成するシステムの創成技術,産業へのシステム展開,システム融合技術などを研究開発しています。さらに,自然・人工物・社会などの実フィールドとサイバーフィールドを統合したフィールド情報学の共同研究プロジェクトも推進しています。

主な研究分野

ロボット,メカトロニクスシステム,生産・制御システム,ハードウェアシステム,電気エネルギーシステム,パワーエレクトロニクス,実世界システムを対象とした解析・シミュレーション・設計・最適化・評価

それぞれの講座にはどのような特色がありますか?

本専攻は,2つの基幹講座と連携講座,実システム開発講座によって構成されています。システム創成学講座では,必要とされるシステムを新たに創りあげるための基礎理論,開発手法,運用手法,評価手法などを研究開発しています。システム融合情報学講座では,既に存在しているシステム群に対して,融合によりシステムの質的な変革を実現するための情報学を基盤とした研究開発に取り組んでいます。

システム展開情報学講座(連携講座)

株式会社日立製作所との連携講座

リモートセンシング情報学講座(連携講座)
デジタルヒューマン情報学講座(連携講座)

研究内容の紹介

システム創成学講座

システムシンセシス,非線形システム,3次元CAD/CAM,ディジタルエルゴノミックス,ディジタルエンジニアリング,コンピュータビジョン,ロボットシステム,適応システム,生産システム

システム融合学講座

システム最適化,知的CAE,電力ネットワーク,システムシミュレーション,パワーエレクトロニクス,電磁応用システム,電磁変換システム,市場モデル,ヒューマノイドロボット,空間情報システム

システム展開情報学講座(連携講座)

経営情報システム,設計・生産システム,環境対応システム,マシンビジョン応用システム

リモートセンシング情報学講座(連携講座)

リモートセンシング,GIS,人工衛星利用技術

デジタルヒューマン情報学講座(連携講座)

身体機能計測,デジタルヒューマンモデリング,仮想評価,製品設計

どのような教育が行われているのですか?

本専攻では,専攻の各研究室が共同で行う研究プロジェクトを実施しています。自分の抱える問題やアイディアを先生方に相談したり,議論したりする場を設けています。また,研究機関や企業との連携講座を設置し,設計開発や製造の現場での実地的な内容を対象とした教育を行っています。

主要カリキュラム

システム制御理論特論,ディジタル幾何処理工学特論,ヒューマンセントリックシステム学特論,システム環境情報学特論,電気エネルギー変換特論,電力システム特論,電磁工学特論,知能システム特論,システム展開情報学特論,リモートセンシング情報学特論,デジタルヒューマン情報学特論

ページの先頭へ