HOME > 専攻・講座について > 生命人間情報科学専攻

生命人間情報科学専攻

写真:生命人間情報科学専攻

生命人間情報科学専攻の目指すもの

地球上の生物は,40億年近くの進化の過程を経て,環境に適応した構造と機能を獲得してきました。21世紀は,このような生命への理解が深まると同時に,過去の科学技術への反省や教訓を踏まえた上で,生命・人間・環境を中心とする新たな科学技術の展開が求められています。本専攻では,コンピュータ技術やナノテクノロジーなどの分野と融合しながら,生命・人間・医療に関わる科学技術と新たな学術領域の発展を目指した研究・教育を行っています。

専攻制作ウェブサイト

専攻教員一覧

どのような研究が行われているのですか?

生体工学研究だけでなく,分子・細胞レベルの生体情報学を強化するためゲノム情報,細胞情報,バイオナノ工学,再生医工学などの新分野を取り入れ,生命人間情報科学の研究・教育体制を整えています。エレクトロニクス,生物学,機械工学,化学など,出身の異なる多様な研究者が互いの知識を融合しつつ,新領域研究を推進しています。

主な研究分野

ゲノムインフォマティクス,構造バイオインフォマティクス,機能バイオインフォマティクス,細胞情報学,人間機能情報学,生体数理解析,バイオメカニクス,バイオセンシング,磁気共鳴分子イメージング,再生医工学,医用システム工学,バイオナノ工学,バイオオプティクス,先端医工学

それぞれの講座にはどのような特色がありますか?

バイオインフォマティクス講座では,ゲノム比較解析や遺伝子の発現情報解析からゲノムの進化過程や遺伝子発現ネットワークを研究するゲノム情報学,タンパク質等生体分子の構造と機能および構成原理を解明する構造バイオ情報学・機能バイオ情報学に関する教育研究を行っています。生体システム工学講座では,情報・エレクトロニクスの先端技術と生命科学の最新の知見を駆使し,細胞内情報伝達,細胞間情報ネットワーク,バイオセンシング,バイオイメージング,磁気共鳴分子イメージング,ティシュエンジニアリング,医用システムなど細胞から個体に至る生命人間情報工学の先導的研究を行っています。

研究内容の紹介

バイオインフォマティクス講座

ゲノム比較,遺伝子発現ネットワーク,構造情報生物学,遺伝子機能解析,生物情報データベース,生物情報処理,分子進化,遺伝子機能進化,生物進化

バイオエンジニアリング講座

生命情報,細胞制御情報,バイオメカニクス,バイオレオロジー,磁気共鳴分子イメージング,バイオセンシング,バイオイメージング,生体数理解析,医療情報,医用システム

先端生命機能工学講座(協力講座)

バイオナノデバイス,分子イメージング,極微計測,バイオオプティクス

先端医工学講座(連携講座)

ティッシュエンジニアリング,生体適合材料,再生医工学

どのような教育が行われているのですか?

生命人間情報科学の基礎を,遺伝子から個体レベルまで体系的に学修できるよう豊富なカリキュラムを用意しています。また,先導的研究の推進のために,国際的に高い評価を得ている多くの研究者を擁し,先端融合領域の研究にも参画できる教育研究環境を整備しています。生命・人間・医療に関わる工学技術の発展と新産業の創成・推進において中心的役割を担うことのできる人材を育成しています。

主要カリキュラム

ゲノム情報科学特論,情報生物学特論,情報医科学特論,細胞生物工学特論,バイオイメージング特論,ナノマテリアル特論,バイオエンジニアリング特論,医用システム工学特論,生体制御工学特論,脳神経科学特論,ナノイメージング特論,ナノフォトニクス特論,先端医工学特論

ページの先頭へ