HOME > 専攻・講座について > 情報理工学専攻

情報理工学専攻

写真:情報理工学専攻

情報理工学専攻の目指すもの

「コンピュータ」とは,もはやパソコンのことではありません。スマートフォンやウェブはもちろん,自動車や家電を知的に動かすメカニズム,医療や健康の分野で人を支援するシステム,社会の安全や福祉に貢献するロボット,エネルギーや環境を観測するセンサーなど,あらゆるものにコンピュータ技術が埋め込まれ,それらを通して新たな社会システムが形成され,さまざまな情報や知識が検索・統合・認識・学習・発見され,社会や経済の発展に活用されています。
本専攻では,そのような情報と知識を高度に取り扱うためのソフトウェア,人工知能,およびそれらの基礎となる数理科学や情報基盤に関して,理学と工学の手法を融合したアプローチにより,教育・研究開発を行います.複合情報工学,知識ソフトウェア科学,数理科学,及び大規模情報システム学の基礎から応用までを体系的に学び,様々な情報システムに関して科学的な理解に基づき工学的な問題解決を行うことのできる国際性のある人材を育成します。

専攻制作ウェブサイト

専攻教員一覧

どのような研究が行われているのですか?

複雑・複合的な知的振る舞いを行う次世代ITを扱う『複合情報工学』,知識の検索・創出を支えるソフトウェアを扱う『知識ソフトウェア科学』,実世界のデータを数理的に分析・理解する基礎と応用を扱う『数理科学』,大規模データ処理のための情報基盤開発等を扱う『大規模情報システム学』などの分野で,新しい発想によるモデルや理論を構築したり,産業界や行政機関と連携して現実の問題を解決する技術開発を行っています。

主な研究分野

知能ソフトウェア,人工生命体システム,マルチエージェントシステム,人間・ロボティクスシステム,大規模計算機シミュレーション,情報システムアーキテクチャ,データマイニング,大規模情報ネットワーク,情報知識ネットワーク,ソフトウェア工学,知識発見,計算数理,パターン情報処理,情報数理基礎学,計算機アーキテクチャ工学,知識ベース,アルゴリズム,プログラム理論,計算基礎,確率解析学

それぞれの講座にはどのような特色がありますか?

研究内容の紹介

複合情報工学講座

ソフトウェア工学,人工知能,アニボット物理モデリング,複雑ネットワーク,情報システム設計,観光情報,人間・ロボット情報工学,情報統計力学

知識ソフトウェア科学講座

基盤的ソフトウェア,計算機アーキテクチャ,知識メディア,知識べース,知識発見,巨大ネットワークからの情報獲得,ウェブセキュリティ,アルゴリズムの設計と解析,アルゴリズムの計算量,超分散自律計算モデル

数理科学講座

数理解析,ソフトコンピューティング,パターン認識,学習理論,人工知能,ヒューマンインタフェース,データマイニング,統計情報論

大規模情報システム学講座(協力講座)

クラウドコンピューティング,グリッドコンピューティング,ソフトウェア構築論,進化システム設計,情報ネットワーク学,適応的経路制御,探索的データ解析,情報セキュリティ

どのような教育が行われているのですか?

情報理工学専攻は,情報科学研究科の中でもっとも教員数が多いため,コンピュータサイエンス(CS)から情報技術(IT)にまたがる多数の科目を開講し,学生は自らの興味と志に基づき,自由に授業を選択することができます。たとえば,学術的普遍性のある数理科学を基礎として,あらゆる情報システムの基盤となるハードウェア・ソフトウェア・ネットワーク・情報メディアの先端技術の原理を理解するともに,情報や知識の検索・統合・認識・学習・発見の技術や,人と調和して自律的に行動するロボットなど,人工知能について学ぶことができます。

主要カリキュラム

大規模知識処理特論,知識ベース特論,情報知識ネットワーク特論,アルゴリズム特論,情報数理学特論,情報認識学特論,知能情報学特論,情報解析学特論,知能ソフトウェア特論, 自律系工学特論,調和系工学特論,ヒューマンコンピュータ インタラクション特論,超高速計算機網工学特論,情報システム設計学特論, 先端ネットワーク特論,先端データ科学特論

ページの先頭へ