HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル3

ネットジャーナル3

知識メディア技術を基盤とした
パーペイシブ・コンピューティングの実現

写真:工学博士 田中 讓

情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻・教授
知識メディア・ラボラトリー長
工学博士 田中 讓

プロフィール

1972年京都大学電気工学科卒業、74年同大学院電子工学専攻修士課程修了。工学博士(東京大学)。
74年から北海道大学工学部助手、同講師、同助教授を経て、90年同教授に就任、現在に至る。96年より北海道大学知識メディアラボラトリー長。情報処理学会、日本ソフトウェア科学会、人工知能学会、米国IEEE各会員などを歴任。94年にIntelligentPadの開発に関して日経BP技術賞大賞受賞。2002年度採択「21世紀COEプログラム:知識メディアを基盤とする次世代ITの研究」の拠点リーダーを努める。

あらゆる情報知財が遍在するユビキタス知識環境

――先生は1980年代から知識メディアについて研究されていますが、私たちを取り巻く情報社会は現在どのような段階にあるとお考えですか。

田中 さまざまな情報機器やメディアが普及し、ITを用いた情報の集積・加工・伝達のスピードと量はますます増大しています。Web上にはさまざまなデータやツール、マルチメディアコンテンツ、サービスなどが存在し、有線・無線で結ばれたネットワークを介して利用されています。ユビキタスとは「遍在する」という意味ですが、今後は情報機器やネットワークといったハードウェアだけでなく、そこで生成され流通するさまざまな「知識(ミーム)」(解説1)も社会に遍在するようになると考えられています。私たちはこのような環境を「ユビキタス知識環境」と呼んでいます。

しかし、そこには一つの問題が立ちはだかっています。Web上に存在する無数の情報・サービス・ツールの中から、私たちが必要とするものを適切に見つけ出し、自在に組み合わせ、新しい知識へ創成するための技術が確立されていないという点です。高度情報化社会と言われる現代ですが、実際は情報端末の機種やアプリケーションの種類・バージョンなどによって、利用できる範囲が限定されています。多種多様なミームが存在していても、それはすべて与えられたものでしかないのです。私たちの研究室では1980年代からこの課題に取り組み、Web上に存在するミームの自在な再編集・再流通を可能にする知識メディアの研究を行なってきました。

――それが1987年に考案された「インテリジェントパッド(IP)」ですね。

田中 IPは、既存のデータやプログラムを紙(パッド)を切り貼りするように簡単に合成・編集し、アプリケーションやWebサービス、ブラウザ機能などをプログラムを書き換えることなく簡単に合成できるシステムです(図1)。IPを3次元に拡大したインテリジェントボックス(IB)では、3次元オブジェクトのボックスをパッドと同じように画面上で合成させ、プログラミング経験のない人でも3次元ソフトウェアが簡単に構築できます。


(図1)インテリジェント・パッドの仕組み
アメリカの株式情報を提供するサイトから企業名と株価を表示するウインドウを切り取り、別のサイトからは米ドルを日本円に換算する計算機能を切り取って、一つのパッドの上に並べると、企業名を入力するだけで、その企業の現在の株価を日本円で表示させることができる。

ページの先頭へ