HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル10

ネットジャーナル10

基礎研究から運用までを自分たちの手で
そこから見えてくる新しい研究領域

写真:博士(工学) 川村 秀憲

情報科学研究科 複合情報学専攻 複雑系工学講座 調和系工学研究室・准教授
博士(工学) 川村 秀憲

プロフィール

1973年生まれ。94年北海道大学工学部、96年同大学大学院工学研究科修士課程、98年同博士課程修了。同助手を経て、2006年から現職。07〜08年ミシガン大学客員研究員、03年からNPO法人観光情報学会理事、11年から北海道観光振興機構情報システムWG座長。研究分野は人工知能、観光情報学、マルチエージェントシステム。主な著書に『マルチエージェントシステムの基礎と応用─複雑系工学の計算パラダイム』(共著,コロナ社、2002)、『生命複雑系からの計算パラダイム』(共著,森北出版株式会社、2003)。

社会問題を解決する実用的なサービスとしてのIT

――調和系工学研究室ではどのような研究をしているのですか。

川村 調和系工学というのは、世界的にも例のない名称でしょう。人間社会にはさまざまな価値観が存在し、微妙なバランスのもとに社会が成り立っています。多様な意見・立場・利害が絡む社会的な問題は、一つの正解を提示すればすべてが解決するというものではありません。その中で、ITを活用してみんなが幸せになれるような落としどころを導き出すためにはどうすれば良いのか。単に便利なシステムを作るだけではなく、社会に深く根ざしたところで貢献できるITサービスを実現するにはどのようなアプローチが必要なのか。そういう観点でITを考えることが「調和系」という言葉に込められているのです。

もう一つ、私たちの研究室が重視していることは「論文を書いて終わりにしない」ということです。論文を発表し学界に貢献することは大切ですが、素晴らしい成果を上げても実社会で使われる機会に恵まれず、いわゆる「お蔵入り」で終わってしまうケースも少なくありません。研究成果を社会に適用するには泥臭い現場の問題にも立ち向かわなくてはなりませんが、自分のアイディアを実用可能なレベルまで作り込み、社会に役立つサービスとして提供できるという実例を示したい。そのため、2009年にベンチャー企業「調和技研」(解説1)を設立し、地域情報サイト「びも〜る」の運営を始めました。基礎的な研究から試作品の製作、運用までを自分たちで手がけることで、実社会のニーズをダイレクトに吸収し、それを研究にフィードバックしています。

ページの先頭へ