HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル16

ネットジャーナル16

検索結果の関係性や時間変化を予測する高度な検索エンジン
ヒューマンコンピュテーションと機械学習で効果的に実現

写真:博士(情報学)小山 聡 准教授

情報科学研究科 複合情報学専攻 
複雑系工学講座 表現系工学研究室・准教授
博士(情報学) 小山 聡

プロフィール

1994年、京都大学工学部数理工学科卒業、1996年京都大学大学院工学研究科数理工学専攻修士課程修了、2002年京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻博士後期課程修了、博士(情報学)。1996〜98年日本電信電話株式会社、2001年より日本学術振興会特別研究員、京都大学大学院情報学研究科助手、スタンフォード大学計算機科学科visiting assistant professorなどを経て、2009年より現職。主な研究分野は機械学習、データマイニング、情報検索など。2005年度人工知能学会論文賞、2009年度日本データベース学会上林奨励賞受賞。

人工知能とソフトウェア工学を両輪とした研究領域

――先生の研究室ではどのような研究を行っているのでしょうか。

小山 ふたつの大きな柱があり、ひとつは人工知能に関する研究。もうひとつはソフトウェア工学です。私たちの研究室では『知的にソフトウェアをつくりたい 知的なソフトウェアをつくりたい』というテーマを掲げ、「より高性能」なソフトウェアを「より簡単・確実」に設計する技術と理論を研究しています。

人工知能(AI)というのは人間のような高度な知能をもった機械で、そのほとんどはソフトウェアで制御されています。それらのソフトウェアを一から十まで人の手で作るのではなく、設計や構築にも機械の助けを得て、効率良く、賢く、なるべく労力をかけずに品質の良いものを作ろうというのが私たちの目指しているところです。人工知能とソフトウェア工学の2つを両輪として研究・教育を行っている研究室は全国的にあまり多くはなく、「異分野の融合による新研究領域の創出」や「幅広く総合的な高等教育」を標榜している北海道大学情報科学研究科の特徴のひとつでもあると言えるでしょう。

その中でも、私は人工知能の機械学習を専門に研究しています。機械学習自体は比較的基礎的な技術ですが、学習というのは知能における非常に重要な機能なので、高度な機械学習を実現することは人工知能の開発にも大きく貢献することになります。

ページの先頭へ