HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル20

ネットジャーナル20

新しい映像と音声がメディア表現を変える
驚きの先にある感動で夢のある未来社会を

写真:工学博士 山本 強 教授

情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 
情報メディア学講座 情報メディア環境学研究室・教授
工学博士 山本 強

プロフィール

1976年 北海道大学工学部電子工学科卒、同年同大学院修士課程入学。1978年 同修了、同年富士通株式会社入社。1980年 同社退社、同年北海道大学大学院工学研究科博士後期課程入学。1982年同中退、同年北海道大学工学部電気工学科講師。1986年同助教授。1989年北海道大学大型計算機センター(現情報基盤センター)助教授。1996年同教授。1999年 北海道大学大学院工学研究科教授、2004年4月情報科学研究科教授、2005年4月から2011年3月まで情報基盤センター長併任、2012年4月から産学連携本部副本部長兼任、現在に至る。研究活動はコンピュータグラフィックス、記号処理、情報ネットワーク、医用画像処理、超音波応用など。ACM SIGGRAPH, IEEE, 電子情報通信学会、映像メディア学会各会員。

誰も見たことがない映像やビジュアルをつくる

――先生の研究のコンセプトはどのようなものですか。

山本 私の研究室ではCG、画像・映像処理、大量データの可視化、音声など幅広い分野で新しい映像をつくる技術を研究しています。キーワードは「誰も見たことがない映像、誰も見たことがないビジュアルをつくる」。

その一例が、複数のカメラで撮影した映像を合成して360度にわたる左右、上下の見回しが可能な全周ステレオ撮影システム(解説1)です。さらに、雲や稲妻、炎、煙、水どの自然現象を自動生成するコンピュータグラフィックスの研究や、鏡面反射・光跡など光学現象の表現、非写実的レンダリングなどにも取り組み、新しい技術の開発とそれを使った新しいメディア表現を提案しています。

映像だけでなく音についても関心を持っています。目と耳は人間の知覚の双璧で、多くのメディアが映像と音を同時に発信しています。映像のみならず、音についても新しい技術や手法を創り出すことができれば、メディアの使い方を大きく変えられるのではないかと考えています。

研究室の研究テーマはCGや映像関係が多いのですが、今回は、最近修士の学生さんが取り組んでいるちょっと変わった研究テーマを紹介しましょう。元来、音というものは空間内に拡散するのが前提で、広範囲に同じ情報を伝えやすい反面、聞く人を限定することができず、また、複数の音源があると干渉しやすいという特徴があります。私たちが取り組んでいるのは超音波パラメトリックスピーカと呼ばれる方式で、音が拡散せず、スピーカを向けた人にだけ聞こえる技術です。指向性スピーカと超音波画像合成の原理を組み合わせることで、音の伝達範囲を極めて狭くすることができ、場合によっては右耳と左耳に違う音を聞かせることも可能になります。

ページの先頭へ