HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル45

ネットジャーナル45

生体内組織の深部を高分解能で観察
光・脳科学、光・細胞生理学の新しい研究領域を開拓

写真:博士(理学)根本 知己 教授

情報科学研究科 生命人間情報科学専攻
先端生命機能工学講座  脳機能工学研究室・教授
博士(理学) 根本 知己

プロフィール

1991年東京大学理学部物理学科卒。1996年東京工業大学大学院理工学研究科応用物理学修了。1996年04月〜1998年11月理化学研究所、1998年12月〜1999年11月東京大学医学部(学術振興会研究員)、1999年12月〜2005年12月生理学研究所(助手)、2001年12月〜2005年03月JST(さきがけ研究員(兼任))、2004年01月〜2005年12月総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻(助手(併任))、2006年01月〜2008年03月生理学研究所(助教授)、2006年04月〜2009年08月総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻(助教授(併任))、2008年04月〜2009年08月生理学研究所(准教授(職名変更))、2009年09〜2010年03月生理学研究所(教授(兼任))、2009年09月より北海道大学 電子科学研究所(教授)。

【関連リンク】 

情報科学研究科・脳機能工学研究室(根本研)

電子研・光細胞生理研究分野(根本研)

北大ニコンイメージングセンター

新しいレーザー・光技術を活用したin vivoな観察

――電子科学研究所で取り組んでいるテーマはどのようなものですか。

根本 私たちの研究には大きく二つの目標があります。まずひとつは新しいバイオイメージング技術を開発すること、もうひとつはそれを応用して神経科学を中心とした生命科学、あるいは基礎的な医療への応用です。それは車輪の両輪のようでもあり、織物でいえば縦糸と横糸のようなもので、技術開発を縦糸とすれば、神経・分泌関連の生命科学や医療応用までを扱うのが横糸です。私自身はその中心に立っている感じですが、研究スタッフは縦糸と横糸で張られるすべての空間で新しい生命科学の探究に取り組んでいます。

これまでの生物科学や生命科学は新しい観察技術の開発を契機として新たな発見や謎の解明が成されてきました。私たちの研究も同様に光学顕微鏡などの技術を発展させることで、今まで見えなかったものが観察できるようになり、生体や臓器、細胞の機能とその仕組みを明らかにすることを目指しています。

特に私たちは“in vivo(生体内での)”でのイメージング法の高度化に取り組んでいます。これまでの分子生物学はin vivoではない状態、つまり細胞が死んだ状態を見ているため、細胞がどのような構造や機能を持っているかを知ることはできるのですが、細胞同士の相互作用や臓器の中での細胞のメカニズムを観察することはできません。in vivoで観察するということは、細胞が生きている状態のまま観察できるので、ある刺激に対してどのように反応するか、どのようなメカニズムで機能が発揮されるかを解明する有効な観察手段だと考えています。

ページの先頭へ