HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル50

ネットジャーナル50

プラズモニクスを活用した単一分子分光技術
社会に役立つ応用展開を目指した研究も推進

写真:博士(理学) 雲林院 宏

情報科学研究科 生命人間情報科学専攻
先端生命機能工学講座  バイオナノマテリアルズ研究室・教授
博士(理学)  雲林院 宏

プロフィール

1997年、大阪大学工学部卒。1999年、大阪大学大学院工学研究科修士課程修了。2002年、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。2002〜2004年、ベルギー カトリック・ルーヴァン大学博士研究員、2004〜2011年、同上級博士研究、2011年より同研究教授。2015年、北海道大学情報科学研究科教授に就任。

プラズモン導波路を用いた分光技術で単一の細胞を生きたまま操作・観察

――雲林院教授の専門分野はどのようなものですか。

雲林院 もともとは単一分子分光の研究を行っていました。走査型プローブ顕微鏡(走査型トンネル顕微鏡)を用いて分子1個を分光あるいはイメージングする手法です。分子一つひとつの性質や挙動を直接見ることができるのは私にとっては非常に興味のある分野でした。

大学院で理学博士を取得した後、単一分子研究で世界的に有名なベルギーのルーヴァン大学でプローブ顕微鏡や蛍光イメージング、単一分子分光の研究に従事しました。2011よりルーヴァン大学理学部化学科の研究教授に就任し、2015年から北海道大学情報科学研究科教授も兼任しています。

単一分子分光の研究の中で特に注目しているのがプラズモニクスです。プラズモニクスとは、金属中の自由電子が集団的に振動するプラズモンという状態を利用して、ナノ回路に光を伝搬させたり光の回折波長よりも小さな空間に光を閉じ込めたりする技術のことです。私たちの研究チームは、プラズモンの導波路となる金属ナノワイヤーの化学合成やその性能評価を行い、銀のナノワイヤーを用いたリモート励起表面増強ラマン分光の技術を開発しました(解説1)。

ページの先頭へ