HOME > 研究活動・産学官連携 > ネットジャーナル > ネットジャーナル51

ネットジャーナル51

デバイスの発展による多様な情報を活用した
人間の感情を解析するマルチメディア処理技術の開発

写真:

情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
情報メディア学講座  メディアダイナミクス研究室・准教授
博士(情報科学)  小川 貴弘

プロフィール

2003年3月 北海道大学工学部卒業。2005年3月 北海道大学大学院工学研究科電子情報工学専攻修士課程 修了。2007年9月 北海道大学大学院情報科学研究科メディアネットワーク専攻博士後期課程 修了。 2005年4月~2008年3月 日本学術振興会特別研究員、2008年4月~6月 北海道大学大学院情報科学研究科 博士研究員、2008年7月~2016年9月 北海道大学大学院情報科学研究科 助教。2016年10月より北海道大学大学院情報科学研究科 准教授。

多変量解析手法を用いた画像・映像の処理技術から
多様な情報をセンシング・解析する先端的な研究へ

――小川先生が取り組んでいる研究テーマはどのようなものですか。

小川 これまで(1)画像・映像の符号化・復元・高解像度化、(2)異種メディア間の関連性推定・次元削減、(3)マルチメディア情報推薦・検索を主な研究テーマとしてきました。デジタルカメラなどで撮影した画像の復元に関する技術や、キーワードを使わずに画像や映像を検索する技術などを開発しています。例えば、前者については、写真に映り込んでいる余計なものを削除して消失領域を復元したり、手ぶれ画像をクリアにしたり、解像度の低い画像を鮮明にするといった技術です(解説1)。

これらの研究成果をベースに、現在はより先端的な研究に取り組んでいます。今までは人間がカメラで撮影した画像データをどう処理するかに重点を置いていたのですが、先端的研究ではカメラやセンサが人間の方を向いていて、そこで得たさまざまな情報を解析するというスタンスです。

これらの技術開発は、デバイスの発展によって実現可能になったと言えます。スマートフォンやSNSなどの普及により画像や映像が持つ情報量が大幅に増えたのです。また、IoT(Internet of Things)やビッグデータなど多種多様なデータを同時にかつ容易に取得することができるようになりました。画像データ以外にも音声や位置情報、撮影者の属性、SNSの書き込みなど、一枚の画像が多角的な情報を持つことで、その画像が何を表しているのか、どのような背景を持つのかといったことがより正確に理解できます。

さらに、近年、ウェアラブル端末を中心に注目されている生体センサなどを使って脳波や生体情報を取得することができれば、画像を見ている人間が何に興味を持ったか、何に心を動かされているかということまで推測できるのではないかと考えています。

ページの先頭へ