language
注意事項
当サイトの中国語、韓国語ページは、機械的な自動翻訳サービスを使用しています。
翻訳結果は自動翻訳を行う翻訳システムに依存します。場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。
翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。
翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。

情報を感動に変える 科学の叡智

情報理工学コース

Computer Science and Information Technology

知的振る舞いを行う人工知能,知識の検索・創出を支えるソフトウェア,実世界データの数理的分析による新しいモデルや理論構築など次世代ITの研究・教育取り組んでいます.

情報エレクトロニクスコース

Electronics for Informatics

ナノテクノロジーや量子を活用する新しい電子・光デバイスの開発,人工知能などの次世代情報処理・アーキテクチャやその集積システムなど,革新的なハードウェアとそれらを支えるソフトウェア・情報処理技術に関する教育・研究に取り組んでいます.

生体情報工学コース

Bioengeneering and Bioinformatics

コンピュータ技術やナノテクノロジーなどの最先端技術を駆使した生命・人間・医療に関わる科学技術の発展と,新たな学術領域としての生体情報工学を切り開くための研究・教育に取り組んでいます.

メディアネットワークコース

Media and Network Technologies

人工知能やビッグデータ解析等を駆使した革新的な音声・映像メディア処理技術,ならびに,その実現に不可欠な情報インフラである高速・大容量次世代通信システムに関する研究・教育に取り組んでいます.

システム情報科学コース

Systems Science and Informatics

デザイン・モデリング・プランニング・シミュレーション・コントロール・センシングなどのシステム手法で社会基盤を形成するシステムの創成,展開,融合を目指し研究・教育に取り組んでいます.

Pick Up Contents

IST Information

comment新着ニュース

お知らせ
IST NEWS第58号を掲載しました [巻頭記事:IPA未踏IT人材発掘・育成事業「スーパークリエータ」認定研究の紹介 情報理工学部門 准教授 坂本 大介]
お知らせ
入試情報を更新しました
お知らせ
ネットジャーナル65 化学と量子科学をベースとした核偏極MRI技術を開発 疾患メカニズムの解明や画像診断の最先端を切り拓く  生命人間情報科学部門 バイオエンジニアリング分野 磁気共鳴工学研究室 松元 慎吾 准教授
コラム
ISTラウンジ60 社会と調和するAI 情報理工学専攻 修士課程2年 吉田 拓海 さん
ニュース一覧navigate_next